アーカイブ

投稿者のアーカイブ

雨でも楽しかったキャンプ

2017 年 8 月 21 日 takano Comments off


A8月19日~20日、秩父の山逢いの里キャンプ場で、子どものそののキャンプセミナーが開かれました。
Aキャンプの楽しみでもある川遊びは、水の流れが速く、とても冷たかったのですが、大自然の中でプールとは違った楽しさがありました。このところの雨による増水で川に入れるか心配しましたが、遊ぼう委員のお父さんたちが危ないところをしっかりガードしてくれ、水遊びを満喫しました。

その後、夕飯の支度が始まったころから雷雨となり、しばらくはそれぞれのテントサイトで過ごしました。
続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加, 自然と遊ぶ タグ:

うさぎの広場は中止です

2017 年 5 月 26 日 takano Comments off

本日予定していました地域子育て支援事業「うさぎの広場」は雨のため中止になりました。
来月の「うさぎの広場」は、6月13日(火)10:30から開催します。ぜひ、ご参加ください。

なお、子どものそのでは、子どもの育て方や発達についての心配など、相談活動も行っています。どうぞ、お気軽にお電話ください。

カテゴリー: うさぎの広場 タグ:

熱いぜ!お父さんと遊ぼう冬のあそび

2017 年 1 月 23 日 takano Comments off

冬の一日、凧揚げ、どてすべり、こま回しなど、昔のあそびを満喫しました。大勢のお父さんに子ども、卒園生やお母さんも参加して楽しみました。
渋井神社の前の土手には、写真のようにたくさんの凧が揚がりました。でも気まぐれな風なので、ピタッと風がやむことも。でも、みんな用意がよくて、土手すべりに切り替えて土手を登ったり降りたり。お父さんにはいい運動になりましたね。
たくさんあそんで、園に帰るとおいしいトン汁が待っていました。これも理事のお父さんたちの手作りです。それを食べると、また元気が出て、こまの練習が始まりました。
こまの長生き競争は在園児から始まり、みんなで一斉に「ちっちーのちっ!」と投げると、20個以上の駒が回り始めます。こま同士がぶつかったり、板の隙間に落ちたりすると、「あーそっちはだめだめ」とか周りの大人から声がでます。(やっている子どもは静かです)だんだんと生き残っているこまの数が減り、残り3個ぐらいになると、「どっちだどっちだー」とさらに真剣になります。
周りで観ている大人がだんだん熱くなってきて「がんばれー」「板を踏んだらだめー」とか叫んでいます。やっぱり練習を重ねている年長さんは強い。でも、年少の子どもたちも負けずにチャレンジしています。そこが異年齢集団のいいところ。そうやって腕が磨かれていきます。最後は勝ち残った年長組3人が決勝戦に進みました。決勝戦もハラハラドキドキのいい勝負でした。
そのあとは、大人と小学生の入り混じった長生き競争。これも真剣勝負。最後まで勝ち残ると思わず、ガッツポーズがでます。
そして、最後はベイゴマ大会。こちらは園児も大人も一緒の勝負。今年は在園児でも回せる子が多くて、大健闘していました。最後に勝ち残ったのは、小学生3名とお母さん1名。(あれ?お父さんがいないぞ!)そして最後に笑ったのは・・・。 続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

今年度最後の誕生会 つぼみのお祝い

2015 年 3 月 3 日 takano Comments off

A季節が少し進んで、日差しが暖かく感じるようになりました。草花や木々のつぼみもよく見ると膨らんできています。
今月の誕生会は「つぼみのお祝い」です。3月生まれの子どもたちはずっと自分の出番を待っていたのですから、みんなのお祝いの歌や先生たちの演技にも力が入りました。
A写真は、4歳5歳の担任の先生が合同で演じた「どろぼう学校」です。もともと個性的なキャラクターの登場人物ですが、そこに先生たちの個性が加わって、楽しい劇になりました。生徒たちが学校の宿題でどろぼうをしてくる場面では、何とヤギのメリーも登場し、みんなびっくりというか、大喜びでした。2,3歳の誕生会では、「どうぞのいす」の人間劇で、こちらはほんわかとした温かい劇でした。    
特集記事はこちら

カテゴリー: 保育 タグ:

先生たちの劇ごっこはおもしろいね! 10月誕生会

2014 年 10 月 22 日 takano Comments off


どものそのは、運動会が終わると、「うんどうかいごっこ」が始まります。と言っても、年がら年中運動会をやっているといわけではなく、子どもは楽しい経験をすると、次は「ごっこ」で再現してあそんでみるものなのです。
そんな中、今回の誕生会では、先生たちの劇も少しだけごっこ風で、子どもたちが真似してみたくなるような題材でした。写真は年少組・ひよこ・すずめ組の誕生会の「3びきのこぶた」です。オオカミとこぶたの言葉のやりとりを子どもたちも真剣に聞いています。いつも子どもたちがあそんでいるウレタンのブロックがレンガのお家です。それでも子どもたちにはちゃんとレンガに見えるようです。年中組の誕生会は「かちかちやま」の劇で、これもおじいさんやうさぎやたぬきの掛け合いを喜んで見ていました。誕生会が終わるとそれぞれの部屋に戻りさっそく自分たちで劇ごっこをしてあそんでいました。
年長組は「お月さまってどんなあじ」のペープサートでした。       (特集記事

カテゴリー: 未分類 タグ:

秋の自然を感じながら「月のお祝い」(誕生会)

2014 年 9 月 17 日 takano Comments off

外はすっかり秋の空気に変わりました。まだ日によってはセミも鳴きますが、とんぼの姿もよく見かけます。そんな、季節の変わり目の誕生会。
写真は、年中組の「とんぼのうんどうかい」(ペープサート)です。
とんぼたちが運動会で風船割りをしている場面。みている子どもたちもいつ割れるのかと期待しつつ、ハラハラしながら耳を押さえています。 普段使っているホースがとんぼの綱引きで登場したり、ギャングこうもりはゴミ袋でとんぼを捕まえたり、身近にある素材が劇の道具に早変わり。そんな意外性も子どもたちの興味やイメージを広げます。

今回の誕生会の出し物は、年少組は「おつきさまってどんなあじ」のペープサート。年長組は「とべ、ばった」の人間劇でした。   (特集記事

カテゴリー: 保育 タグ:

カエルやザリガニも登場 誕生会「雨のお祝い」

2014 年 6 月 18 日 takano Comments off

A雨が降ったり、蒸し暑かったりとうっとうしい季節がやってきましたが、子どもたちはそれぞれの保育室で飼っているザリガニやカエルを触って楽しそうに遊んでいます。

A今回の誕生会は、そんなザリガニやカエルのお話です。写真は4,5歳児が合同で集まり、先生たちの劇「おたまじゃくしの101ちゃん」を観ているところです。カエルのお母さんとおたまじゃくしたちが、最初に遠足に行くシーンでは、子どもたちの観客席を一回り。お話の世界にすっぽりと入りこみました。          特集記事
続きを読む…

カテゴリー: 保育 タグ:

春らしい陽ざしの下「花のお祝い」 

2014 年 4 月 24 日 takano Comments off

Aすっきりとした青空で、鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。今日は4月生まれの子をお祝いする誕生会「花のお祝い」でした。  
A誕生会では、毎回先生たちの出し物や司会の先生が何か面白いことをやって見せてくれます。写真は年長組の劇、「北風と太陽」の一場面です。太陽がぎらぎら照らして、旅人のコートを脱がせる所です。先生たちの真剣な演技、せりふのやりとりに子どもたちものめり込んでいます。特別な舞台などはなく、演技する先生も子どもたちと同じ床の上なので、時には興奮してとび出してくる子もいます。しかし、年長組ともなるとさすがによく観ています。最後に旅人が去っていくところでは、大勢の子どもが後を追いかけて行ってしまいましたが・・・、それだけ楽しんでいたということでしょう。
Aひよこ、年少合同の誕生会、年中組の誕生会では、先生たちの好きなもの嫌いなものを自己紹介しながら、クラス担任だけでなく、いろんな先生のことを知ってもらおうという企画でした。   (特集記事)

カテゴリー: 保育 タグ:

春への期待がふくらむ 2月誕生会「つぼみのお祝い」

2014 年 3 月 4 日 takano Comments off

今日は3月生まれの子どもたちの誕生会「つぼみのお祝い」です。
自分たちの番をずっと待っていた子どもたちのために、そして卒園や進級を前にしたお祝いの気持ちを込めて、先生たちの演技にも熱が入ります。

年長組の人間劇は「こぶたの学校」です。こぶたの一年生が初めて学校で授業をうけて、いろいろ失敗をしますが、やさしいゴリラ先生に教えてもらいながら学校が楽しくなっていくお話です。写真は音楽の時間に、みんなで歌いながら踊っている場面です。もうすぐ学校へ行く年長組の子どもたちは、「これならぼくたちもだいじょうぶ」と自信を持ったことでしょう。

年少、ひよこ、すずめ組の先生たちの出し物は、「どうぞのいす」の人間劇、年中組は「はらぺこあおむし」の人間劇でした。誕生日の子どもたちの自己紹介もみんなの前に出て上手にできていました。     (特集記事はこちら)

カテゴリー: 保育 タグ:

寒風の中で、お父さんと遊んだよ

2014 年 1 月 5 日 takano Comments off

Aあけましておめでとうございます
A年の初めの「お父さんと遊ぼう」は、最初に新河岸川の土手に出かけて凧揚げや土手すべりを楽しみました。冷たい北風の中でしたが大勢の親子が参加し、いくつもの凧が空高く揚がりました。風がやや強かったために、くるくる回って墜落したり、糸が切れたりする場面もありました。草をかき分けながら凧を救出する、お父さんたちの姿は探検家のようでかっこよかったです。
Aしかし、今日は寒かったですね。冷えた体には、暖かいトン汁が待っていました。理事さんたちが野菜を刻んで、大鍋で作ったトン汁は、何よりものごちそうでした。
A食べるとまたすぐに遊び始めます。今年は「羽根つき」にも挑戦。風があって羽子板に当てるのが難しかったのですが、それでもかわりばんこにお父さんや小学生が参加して楽しんでいました。
A午後からはコマ大会。始まる前からベイゴマ好きのお父さんや小学生たちが熱いバトルで盛り上がっていました。また、今回はベイゴマ初心者のお父さんやお母さんに、ひもの結び方、巻き方、持ち方、回し方などを教える「こまきょうしつ」も開き、理事さんがやり方やこつを教えてくれました。

続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ: