アーカイブ

‘自然と遊ぶ’ カテゴリーのアーカイブ

雨でも楽しかったキャンプ

2017 年 8 月 21 日 takano Comments off


A8月19日~20日、秩父の山逢いの里キャンプ場で、子どものそののキャンプセミナーが開かれました。
Aキャンプの楽しみでもある川遊びは、水の流れが速く、とても冷たかったのですが、大自然の中でプールとは違った楽しさがありました。このところの雨による増水で川に入れるか心配しましたが、遊ぼう委員のお父さんたちが危ないところをしっかりガードしてくれ、水遊びを満喫しました。

その後、夕飯の支度が始まったころから雷雨となり、しばらくはそれぞれのテントサイトで過ごしました。
続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加, 自然と遊ぶ タグ:

はじける笑顔・・・みんなで雪すべり

2014 年 2 月 10 日 ishihara Comments off

  この週末は、予想以上の大雪となりました。皆さん雪かきに汗を流したのではないでしょうか。子どもたちは、「雪だるま作ったよ」「お母さんとお兄ちゃんで」かまくらつくってくれたあ」など楽しく過ごした様子が伝わって来ました。今回で2度目なのでみんな雪あそびができる用意をしっかりしてきました。年少組から年長組まで、一斉に雪の中に飛び出して思い思いに遊びました。雪合戦をしたり、雪だるまやかまくらを作ったり雪の中に寝そべったり・・・汗と雪でびっしょりになる子もいました。らいおん組とぞう組は、ひとしきり遊んだあと、前回行った土手で雪すべりをしました。ブルーシートの上に何人も座ってみんなで滑り降りるのですが、それが楽しいのです。かなりのスピードで降りてくるのですが、そのスピード感がたまらないようで、何回も何回も土手を上っては、次々に滑ってきました。そのうちにスキーウエアやジャンパーでも滑れることに気づき、いろんなすべり方を楽しんでいましたよ。大雪は、大人には困ったものですが、子どもたちにとっては、めったにできない冬のあそびを経験することができ大満足の一日でした。おうちの皆さん、ご協力ありがとうございました。

カテゴリー: 保育, 自然と遊ぶ タグ:

雪だ! そのに雪が降った

2010 年 2 月 2 日 noto コメント 3 件

yuki-1 2月2日の朝は一面の銀世界。待ちに待った雪だ。
 今年は北国は大雪が続いているとか。昨年の冬は園庭には一度も雪が積もらなかった。一回でもいいから雪が降らないかなあ、と子どもたちも先生も念じていたのが実を結んで、昨夜の雪が解けないで残っていてくれました。
 雪あそびをするには少ないけれど、雪合戦、小さな雪だるま、雪の上を走りまわるだけでも楽しさがいっぱいです。年長組は土手へ散歩に行くということですが、暖かい日差しもあって、きっとビショビショ濡れでしょうね。でもやっぱり行く。行きたいよねえ。

  続きを読む…

カテゴリー: 自然と遊ぶ タグ:

晴れて! 夏期保育

2009 年 7 月 29 日 noto コメント 2 件

budo 梅雨が上がったというのは誤報なのか、すっきりしない空模様のまま夏期保育を迎えました。
 でも、夏は子どもの季節。セミはケヤキの大木でミンミン鳴いているし、みんな元気で夏らしい遊びを楽しんでいます。28日にはくま組の階段の上で、セミがクモの巣にひっかかってバタバタしているのを、年中組のたいせい君がみつけ、大声をあげて居合わせた年長組も見上げました。大きな鬼蜘蛛がするすると近づき、セミにまたがって毒針で刺したのか、セミがじきに動かなくなるのを息をのんで見守りました。
 砂場の上の鈴なりのブドウが赤くなったので、深野園長が竹の棒を縛りつけて、はん登棒を作りました。秋の運動会ではん登棒に挑戦する年長組が順番に登って、熟れたブドウを一粒ずつ収穫しました。ブドウ食べたさでみんな真剣です。まだ登れない子は先生に足を支えてもらって練習しました。 続きを読む…

カテゴリー: 自然と遊ぶ タグ:

その園庭から日蝕を見る!

2009 年 7 月 22 日 noto Comments off

Z 7月22日午前11時8分ころ、そのの園庭から日蝕が観測されました。空は一面の曇り空、とても日蝕が見られるとは思えませんでしたが、風で雲が薄くなると、大きく欠けた太陽がうっすらと顔を出したのです。
 たまたま園庭にいたクラスもありましたが、「みんな外に出てごらん。お日さまがお月さまみたいに見えるよ」と放送すると、次々外に飛び出して歴史的瞬間に立ち会いました。曇り空が幸いして、眩しくもなく、目を傷める恐れもなくて、「あれは太陽なの? 月なの?」「月が邪魔して、太陽が欠けたんだよ」…どこまでわかったか、子どもよりおとなが夢中になっていました。

カテゴリー: 自然と遊ぶ タグ:

きゅうりを食べたよ

2009 年 6 月 23 日 noto Comments off

kyuri-3 2,3日前から「かっぱのまつり」を踊っているれんげ組。きょうも踊っていると、能登おじさんが、「れんげ組さん。おじさんが育てたきゅうりを食べるかい?」と、来てくれました。
 「じゃあね。きゅうりを一緒にとりに行こうか。」と、能登さんがきゅうりを育てている場所にゾロゾロとついて行くと、大きなきゅうりが!
 子どもたちは見たい見たいと大騒ぎ。順番で実っているきゅうりを、見て、触りました。合計3本。実っているきゅうりを収穫し、またゾロゾロとれんげ組に戻りました。
 おじさんがきゅうりを切り始めると、みんなはジーッと大きな目できゅうりを見つめます。 続きを読む…

カテゴリー: 自然と遊ぶ, 3歳児 タグ:

きゅうりをパクパク

2009 年 6 月 19 日 noto Comments off

kyuri-1 のとさんがこっそり年長の畑に植えたきゅうりが食べ頃になり、ひよこのおやつにくれると言うのでのとさんと一緒に畑へ行きました。
 メリー小屋の近くの畑。すみっこにりっぱなきゅうりがありました。年長のじゃがいもの陰に隠れていて今まで無事だったみたいです。
 すごく新鮮でトゲが痛いです。そんなおいしそうなきゅうりを3本切って部屋に持って帰ります。きゅうりが嬉しくてまゆちゃん、るなちゃん、もかちゃんが持っていきます。途中、「こっくんのきゅうり!」と、こうたくんも持ちたかったみたい。るなちゃんから借りて持っていきました。 続きを読む…

カテゴリー: 自然と遊ぶ, 2歳児 タグ:

ざりがに釣り日和 大収穫!

2009 年 6 月 13 日 noto コメント 2 件

zari-1 そのからバスで20分ほどの荒川を流れる治水橋の下、田んぼの用水路へ行きました。
 ここ数年はずうっとこの場所におじゃましていますが、毎年ざりがに釣りが終わると釣ったエサを用水路の中に置いてくるせいか、ざりがにの栄養状態が良好で、赤ちゃんもいっぱい生まれて、ゾロゾロいました。
 休みの日にぜひとも家族で行ってみてください。大人も子どもも、なんて楽しいの!となるでしょう。自然の中、田んぼの中ですから気持ちもいいですよ。おすすめします。
 前日にざりがに釣りごっこで練習したので、子どもたちはさっさと準備をしてバスにのりこみ、 「バスにのってざりがにつりに行こうよ、バスにのってさりがにつりにいこうよ」 と歌いながら治水橋を渡っていると、田んぼがずうっと広がっていてきれいでした。原っぱの駐車場もあってクローバーが一面に咲いています。
 用水路ははるか先、どこまでも続いているので、4クラスの子どもが横にずらっと一列に並んで釣れるのです。エサを洗濯ばさみではさみ、いよいよざりがに釣りのスタートです。 続きを読む…

カテゴリー: 自然と遊ぶ, 5歳児 タグ:

待ちに待った「いちべえ沼」

2009 年 5 月 24 日 noto Comments off

itibe-1 13日は待ちに待った遠足ごっこ。朝から「オレ、おしぼり持ってきた」「私忘れないでお母さんに言えたよ」と自慢げに教えてくれました。みんな、ちゃんとお母さんに言えたかな? 園バックをリュックに変身させて、いざ”いちべえ沼”に出発です。(ちなみに、いちべえ沼は有料道路の料金所の少し先です)。
ところが歩きだそうとしたら雨・・でも、全く気にしないで歩いていく子どもたち。最初は、お日様が出ると、『変な天気だね~』『天気雨ってゆうんだよ』と余裕をかましていましたが、半分くらい歩いた頃から『お腹減った~』『まだつかないの~』とブーイングがあがってきます。(手をつないでいたちかちゃんは、1分おきに『まだつかないの~』と言っていました)もう少しで到着する時、いおり君が『すげ~そのが見えない』と感動していたので、『やはり大きい組は違うね~』と誉めたら満面の笑みでした。
 やっと到着しても、「疲れたァ」「お弁当食べたい」の声の方が圧倒的に多かったですね。 続きを読む…

カテゴリー: 自然と遊ぶ, 5歳児 タグ:

のんびり えんそくごっこ

2009 年 5 月 15 日 noto コメント 1 件

e-1 日射しも暑かった13日、楽しみにしていた遠足ごっこです。朝の集まりで、かばんを持って座ります。「かばんの中にパン入れるよ。お弁当だよ」
 するとゆうじ君、「なべたいのぉー」とビニールの袋を破り始めてしまいました。
 帽子をかぶって水を飲んでさあ出発。その時に雨がポツポツと降ってきましたが、みんな遠足ごっこに気持ちはいっていたので全然気にならず…朝から泣いていたいろはちゃんも、ここちゃんと手をつないでニコニコです。
 さて遠足ごっこの目的地はぴょんぴょん原っぱです。みんなより背丈も大きく生い茂る草をかきわけかきわけ到着です。ピンク色した赤つめ草の花の根元にはあま~い蜜があるんです。それを子どもたちにも順番順番にすわせてあげます。たいと君は 「たいとも、たいと、もちょうだい。」と待ちきれない様子。「美味しいよ」とのぶゆき君にもあげるとニコッ。
 よりひさ君はたくさん摘んで、お土産にしていました。てんとう虫もたくさんいて、はるき君は、「はるきもてんとうむし」とほしいのですが、自分でとまではいきません。るなちゃんはすぐさま見つけて、「ほら、ここにいたよ!」と教えてくれるのですが、やはり自分では捕れません。自分でとれるひろと君は「と3びきとっちゃった」とドンドンとっています。けかきわけ到着です。ピンク色した赤つめ草の花の根元にはあま~い蜜があるんです。それを子どもたちにも順番順番にすわせてあげます。たいと君は 「たいとも、たいと、もちょうだい。」と待ちきれない様子。「美味しいよ」とのぶゆき君にもあげるとニコッ。 続きを読む…

カテゴリー: 自然と遊ぶ, 3歳児 タグ: