アーカイブ

‘父母の参加’ カテゴリーのアーカイブ

熱いぜ!お父さんと遊ぼう冬のあそび

2017 年 1 月 23 日 takano Comments off

冬の一日、凧揚げ、どてすべり、こま回しなど、昔のあそびを満喫しました。大勢のお父さんに子ども、卒園生やお母さんも参加して楽しみました。
渋井神社の前の土手には、写真のようにたくさんの凧が揚がりました。でも気まぐれな風なので、ピタッと風がやむことも。でも、みんな用意がよくて、土手すべりに切り替えて土手を登ったり降りたり。お父さんにはいい運動になりましたね。
たくさんあそんで、園に帰るとおいしいトン汁が待っていました。これも理事のお父さんたちの手作りです。それを食べると、また元気が出て、こまの練習が始まりました。
こまの長生き競争は在園児から始まり、みんなで一斉に「ちっちーのちっ!」と投げると、20個以上の駒が回り始めます。こま同士がぶつかったり、板の隙間に落ちたりすると、「あーそっちはだめだめ」とか周りの大人から声がでます。(やっている子どもは静かです)だんだんと生き残っているこまの数が減り、残り3個ぐらいになると、「どっちだどっちだー」とさらに真剣になります。
周りで観ている大人がだんだん熱くなってきて「がんばれー」「板を踏んだらだめー」とか叫んでいます。やっぱり練習を重ねている年長さんは強い。でも、年少の子どもたちも負けずにチャレンジしています。そこが異年齢集団のいいところ。そうやって腕が磨かれていきます。最後は勝ち残った年長組3人が決勝戦に進みました。決勝戦もハラハラドキドキのいい勝負でした。
そのあとは、大人と小学生の入り混じった長生き競争。これも真剣勝負。最後まで勝ち残ると思わず、ガッツポーズがでます。
そして、最後はベイゴマ大会。こちらは園児も大人も一緒の勝負。今年は在園児でも回せる子が多くて、大健闘していました。最後に勝ち残ったのは、小学生3名とお母さん1名。(あれ?お父さんがいないぞ!)そして最後に笑ったのは・・・。 続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

雨のため運動会の午後の部は中止です。

2016 年 10 月 8 日 ishihara Comments off

みんなで楽しみにしていた運動会。小雨交じりの中行いました。しかし雨はひどくなるばかりなので一部の競技を中止し年長のソーラン節で終了しました。午後の卒園生や大人、未就園児の競技は中止させていただきます。残念ですが、ご理解のほどよろしくお願いします。

カテゴリー: 卒園生, 父母の参加 タグ:

キャンプ(初心者キャンプセミナー)の中止のお知らせ

2016 年 8 月 20 日 ishihara Comments off

 

楽しみにしていたキャンプですが、この天候なので相談のうえ中止とさせていただきます。

川の増水と台風の影響で今後さらに天候の悪化が予想されること、夕方からは落雷の危険も大きいこと、

キャンプ場までの道のりも通常と違う状態が考えられます。

小さい子どもたちの参加するキャンプなのでまずは安全第一など様々な点からの決定です。

いろいろ準備をして楽しみに待っていただけに残念ですが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

 

 園からはすでに緊急一斉メールで中止のお知らせしています。

登録がまだの方は、ぜひこの機会に登録をしていただきますようにお願い致します。

                         子どものその

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

ひこいち凧づくりに親子で格闘。難しかったけど完成したよ。

2016 年 3 月 28 日 noto Comments off

保育生協の事業委員会が卒園生を対象とした「のとさんの工作教室」は3月27日第3回を迎え、全長1メートルを超える大型凧「ひこいち凧」づくりに挑戦しました。
大きいだけでなく竹と糸を使った骨組みが結構難しく、手伝うお父さんやお母さんも悪戦苦闘していました。根気よく3時間かかって完成した時には親子でホッと一息。それだけに挑戦した子どもたちの達成感は大きなものがあったでしょう。
続きを読む…

カテゴリー: 卒園生, 父母の参加 タグ:

「認可を受けても そのはわがふるさと」…盛大に夏まつり

2015 年 7 月 20 日 noto Comments off

梅雨明けの前日、7月18日、子どものその夏まつりがたくさんの参加者でにぎやかに、楽しく行われました。
予報は終日「曇り空」となっていましたが、時折小雨がぱらつきました。でも朝から準備のお父さん・お母さんは大丈夫と確信したかのように精を出しました。
定刻の4時半、年長組の「かっぱのまつり」の踊りでオープニング。小さい子たちもいっしょに踊って、小雨も何のそのの幕開けでした。
たくさんの模擬店も準備よく開店、かき氷、駄菓子・玩具、やきとりなどは最初から長蛇の列ができました。
認定こども園の認可を受けて最初の保護者参加の大行事、舞台の看板は「認可を受けても、そのはわがふるさと」と謳って、子どものその51年の歴史を踏まえて、子ども主体の保育をさらに発展させる決意を示すものとなりました。
認定こども園と保育生協が一体となって夏まつり」実行委員会を立ち上げ、保護者・職員が力を合わせて準備に力を入れたので、卒園生やその家族、地域のみなさんにも楽しんでいただけたと思います。
昨年は雨でできなかった仕掛け花火も今年は大成功、園庭いっぱいの参加者の歓声と大きな拍手に包まれました。「子どものその」はまだまだ発展できますね。
模擬店の売り上げは一夜で220万円を超えました。みなさんのご協力、ご奮闘に感謝いたします。ありがとうございました。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

理事長に石原雅子氏、専務理事に山中和敬氏

2015 年 7 月 6 日 noto Comments off

子どものその保育生活協同組合第8回総代会は6月21日に開かれ、議案3件を全員の拍手で承認したのち、理事19名、監事3名の役員を選任しました。
その後開かれた理事会で、理事長(代表理事)に前専務理事の石原雅子先生、専務理事に事務長の山中和敬氏が全会一致で選任されました。
役員の任務分掌も各自の希望をいれて決定しました。
 能登前理事長は理事の職にはとどまり、社会福祉法人理事長として、子どものそのBaby保育園と子どものその幼保連携型認定子ども園の業務を継続することになっています。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

「頑張って歩くよー」・・・お父さんも頑張った!!

2015 年 6 月 30 日 ishihara Comments off

心配された天気も上々で、無事「お父さんと山登り」ができました(5月31日)。今年は、大高取山です。1班と2班合わせて、450名の親子が挑戦しました。初参加のお父さんの中には、想像以上のきつい山道に驚いた方もいました。 年少組のお父さん達は、ぐずる我が子に根気よく付き合っていましたね。「もうあるけないよー!」「おかあさーん」「だっこしてよー」と大声で泣き叫ぶ子どもに負けず、「大丈夫大丈夫」「もう少しでお弁当だよ」・・・と励まし続けていました。

あこれが年中組になると、「だっこ」も言わず一生懸命登った子どもが多かったですね。中には運動不足のお父さんが急坂にへばっていると「パパ頑張れ」と励ますゆとりの子どももいたそうです。子どもの優しさや成長ぶりに「じーんときました」と感想を寄せてくださいました。普段から散歩や庭を駆け回って遊んでいるからでしょう。体力がついているんですね。今年苦労したお父さんたちもきっと来年は、子どもたちの成長を感じることでしょう。楽しみにしていてくださいね。野イチゴを見つけて食べたり、鳥の鳴き声に聞きほれたり、ざわざわと木々を揺らして渡る風が気持ち良かったりと普段味わえない経験ができるのも「山のぼり」ならではです。是非来年も参加してくださいね。お父さんたちお疲れ様でした!!(お父さんの代わりに登ったお母さんもお疲れ様でした!)

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

暖かな「その」の卒園のお祝い 最後の49回

2015 年 3 月 21 日 noto Comments off

 子どものその第49回と保育園第3回の卒園のお祝いは、春浅く肌寒い陽気の中で、3月21日に行われました。
 保育生協のらいおん組、ぞう組、保育園のきりん組の子どもたちは、ご家族と職員の見守る中、しっかりと保育証書を受け取り、誇らかに掲げて会場を一周、参加者の暖かな拍手を浴びました。創立以来の卒園生は、保育生協、保育園併せて延べ6,126人に達しました。
 直前の3月18日、埼玉県から幼穂連携型認定子ども園の認可が決定したと連絡があった直後のお祝いです。来年は「認定子ども園第1回卒園のお祝い」になるはずです。能登理事長はお祝いのあいさつの中で「第1回の後に(通算50回)と書きたい。そのの50年の歴史で創り上げた保育内容を守り通します」と述べました。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

”ありがとうでお別れ”人形劇サークル公演

2015 年 3 月 4 日 noto Comments off

 人形劇サークルのお別れ公演が3月4日、子どものそのホールの舞台で開催されました。
 最初は、0歳児から年中組までの小さい組を対象に、人形たちのリズムと「赤ずきん」の劇でした。2回目の舞台は、大きい組と一般の父母たちが参加しました。リズムと「赤ずきん」の劇が終わった後、サークルのお母さんたちから「さよならの代わりに、ありがとうでお別れ」の歌のプレゼントがありました。そして、これが最後の年長組は手作りの素晴らしい人形たちと触れ合ってお別れをしました。見学のお母さんたちは、サークルのお母さんたちの熱演と子どもたちを想う温かい気持ちに感動して目頭を熱くしていました。
続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

伝えよう日本のあそび 「親子そのまつり」盛会

2015 年 1 月 17 日 noto Comments off

おとうさんやお母さんが子どものころに親しんだあそびを、子どもたちに伝え、大切な文化として残していこうと、毎年続けてきた「親子そのまつり」が41回目を迎えました。
1月17日は少し風が冷たかったけれど、まずまずの晴天に恵まれ、たくさんのお客さんを迎えて、楽しい一日を過ごしました。保育生協と保育園のクラスのお母さんたちが主体的に準備から当日の運営までをとり仕切って下さいました。職員は裏方を支えて、文字通り全園の総力で、心のこもった楽しい経験を園児や卒園生、その友だちにまで広げることができました。
みなさん、ありがとうございました。お疲れ様でした。

カテゴリー: 父母の参加 タグ: