アーカイブ

‘5歳児’ カテゴリーのアーカイブ

1カ月半かけて創った人形劇に、家族の惜しみない拍手

2014 年 12 月 6 日 noto Comments off

10月の末から1カ月半を費やして作り上げた年長組の人形劇が、12月6日、満席の家族を迎えて熱演されました。
午前は保育園きりん組の「ももたろう」、午後はらいおん組の「やまなしもぎ」とぞう組の「おおかみと7ひきのこやぎ」…どれも小さい組のときから読み込んだお話だけに、子どもたちは自信をもって演じ切りました。
遠足の後、和紙をちぎって紙ねんどを手作りするところから始めました。すべて先生の指示で進めるのではなく、毎日クラスのみんなで話し合いを重ねながら進めました。人形も、大道具や小道具も、セリフも…実に長い長いとり組みでした。この体験と感動は、就学に向けて、かけがいのない力になって行くことでしょう。

続きを読む…

カテゴリー: 5歳児 タグ:

燃えろよ燃えろ、みんなの願いを込めて空高く・・・合宿

2014 年 7 月 6 日 ishihara Comments off

今年の合宿は小雨まじりの中でしたが、カレーライスづくりも、係りの活動も、キャンプファイアーもいつも通りにできました。特に心配していたご飯づくりの時は、ほとんど雨も上がり、薪を燃してご飯も炊けました。パチパチ薪が燃え始めると子どもたちから「も~えろよもえろ~よ」と合唱が始まりました。カレー作りでは、各クラスで考えた秘密の隠し味を投入。みんな大満足の味になりました。係りの活動は、花摘みこそ雨で行けませんでしたが、代わりに部屋やテーブルをきれいに飾りレストランのようでしたよ。
雨が止んだのを見てキャンプファイアーの時間を早めました。
埼玉大学のお兄さんやお姉さんも参加して、みんなで楽しく歌っていると、「火の神の使い」という不思議な老人が現れ火の大切さを教えてくれました。そして天から火を持ってきてキャンプファイアーに点火!炎が空高く舞い上がりました。明るく照らされた庭で、思いっきり歌ったり踊ったりしました。『かっぱのまつり』を踊っているとき、いきなりカッパが3匹もやってきたではありませんか!。みんな困っていると、石原園長が「カッパカピカピ」と話し始め通訳。なんでも和歌山河童大学を卒業していた園長の通訳によると、「あまり楽しそうに踊っているから仲間に入れて欲しい」とやってきたとか。いいよいいよとみんな大歓迎してくれて質問したり手を握ったり踊ったりして遊びました。その後カッパは喜んで帰っていきましたよ。 続きを読む…

カテゴリー: 5歳児 タグ:

やったァ頂上だ! 疲れたけど楽しかった金勝山

2014 年 5 月 23 日 noto Comments off

5月23日、いよいよ山登りの日がやってきました。全員参加で乗り込みます。バスの中では、歌を歌ったり、クイズをしたり、手遊びをしたりして楽しく過ごしました。クイズで「走っても走ってもついてくるものは?」の問いに、「ぬまの主」と答える子ども達でした。(正解は影ですよ)
最初は町や田んぼの景色だったのが、どんどん山の中へ…そしてバスは東武竹沢の駅に到着しました
駅前に小さな神社があったので、みんなで「沼のぬしにやられませんように」とお願いをしてから歩き始めました。歩きだすと、何人か遅れ気味になります。怖くて後ずさりしながら歩いていたみたい。
少し歩いて〝東登山道入口〟を曲がり、いよいよ沼の手前に到着したので、トイレ休憩。みんなが戻った後、地図を見せながら、「今、ここだから、この先が沼の主だよ」と話すと、あちこちから「え~」「怖いよ~」「やだ~」という声。
沼の側に行くと、沼のぬしの作戦なのか、どんな小さな音でも聞き逃さないかのように、恐ろしいほど静まり返っていました。再び子どもたちを集め、怖い子は前にして、泣いている子は先生が手をつなぎ、勇気を出してゆっくり進んでいきます。みんな作戦通り声を一切出さず、沼から一番離れたところを腰を低くしてゆっくりゆっくり忍者のように進みました。中には四つん這いになって進んでいる子も…みんな立派に作戦通り歩いていましたよ。
砂利道を少しずつ進みます。ただ、不気味なほどの静けさだけがよけい緊張感をましていました。言葉では表現できないほど緊張していて、みんなの心臓の音が聞こえてきそうなぐらいでした。「沼の主よ、このまま最後まで現れないでくれ…」と心の中で願っていたのですが、突然、
 『ジャボーーーン!』
と、大きな水音が聞こえたのです!「沼のぬしだ! にげろっ!」の先生の悲鳴で、子どもたちはいっせいに走り出しました。必死に走ります。すごいスピード。間違いなく子どもたちの人生で、過去最高のスピードだったと思います。
続きを読む…

カテゴリー: 5歳児 タグ:

おおきいくみおめでとうパーティー!

2014 年 4 月 18 日 ishihara Comments off

 15日(火)『大きい組おめでとうカレーパーティ―』を行いました。最初に3クラスでホールに集まり、歌を歌った後は年長の先生の〇☓クイズです。最初に私がクイズを出しました。「第一問、山下先生はそのの先生の中で一番かっこいい!」と私が元気よくクイズを出した瞬間「・・・・・」あれ?一瞬ホールに誰もいないかのように静まり返ったのです。我ながら「思いっきりすべった~」と思ってしまいましたが、子どもたちはすぐに「〇だ!」「☓だ!」と手で表します。子どもたちはまだかっこいいおとなを見分ける力は育っていないようで、ほとんどの子が「☓」にしていましたね~。残念ながら正解は〇でした~!
 その後、新美先生と内藤先生のクイズも終わり、続いて今度はそれぞれの特技を披露しました。〇☓クイズではすべりましtが、わたしが見せた竹馬の前歩き・後ろ歩き・横歩き・一本竹馬・高竹馬では、みんな「すごーい」と驚いてくれました。その後の新美先生のバトン、内藤先生の逆立ち大ジャンプで子どもたちは大喜びでした。最後は、3人の担任による『おめでとう~組体操』で終了。でも、この後にも楽しみが待っていたのです。 続きを読む…

カテゴリー: 5歳児 タグ:

君たちは大空を羽ばたいて飛べ 第48回卒園のお祝い

2014 年 3 月 24 日 noto Comments off

 子どものその保育生協第48回、保育園第2回卒園のお祝いは、たくさんの家族に囲まれて3月21日に行われました。
 保育生協創立50周年を迎えるこの春、保育生協から61人、保育園から28人が卒園しました。延べの卒園生は、保育生協は5989人、保育園は50人で、併せると、6039人が巣立ったことになります。
 「丈夫なからだと美しい心をもったよい子どもに育ったしるし」と喜びを書きこんだ保育証書を、誇らしく高々と掲げた子どもたちは、お父さんやお母さん、祖父母の拍手に送られて、新しい人生をたくましく生きることでしょう。卒園おめでとうございます。

カテゴリー: 保育, 5歳児 タグ:

みんなで作った人形劇、燃え上がる上演の歓び

2013 年 12 月 7 日 noto Comments off

 表現活動の保育参観の最後を飾る年長組の人形劇は、ホールいっぱいのご家族をお迎えして、12月7日の午前・午後に行われました。
 10月25日から取り組み始めて、実に44日。子どもたちは和紙をちぎって紙粘土づくりから始めて、毎日のように人形劇にかかわる話し合いをしました。みんなで納得して台本を決め、指人形づくり、セリフづくり、大道具や小道具にとりくみ、背景の巨大な絵も描きました。1カ月半を費やしたとりくみは、自分の意見を言い、人の意見を聞いて、みんなで立派に劇を作り上げる積み重ねでした。
 きりん組は「3びきのやぎのがらがらどん」を、ぞう組は「おおかみと7ひきのこやぎ」を、らいおん組は「ももたろう」を演じました。子どもたちが舞台裏でささやく協力しあう様子も聞きとれ、お父さん・お母さんたちからも笑顔がこぼれ、大きな拍手が送られました。人形劇はひとつの大きな自信となることでしょう。 続きを読む…

カテゴリー: 5歳児 タグ:

2013年度年長組人形劇物語3

2013 年 12 月 7 日 ishihara Comments off

 いよいよ今日が発表の日です。まだみんなぐっすり眠っていることでしょう。昨日は、どのクラスも最後の練習とあって一段と気合が入っていましたよ。見に来てくれた小さい組の先生たちに、「すごく上手だね。とっても面白かったよ」「今日が本番かと思ったくらい」とうんと褒めてもらいました。子どもたちは演じた後、講評をもらうのですが、初めの頃はなかなか声も出ないし何をしているのかわからないことが多いのです。それでも見ていた先生たちは、子どもたちのやる気を認めて、褒めながら一つ二つアドバイスをします。これがとても大事なんですね。子どもたちはクラスでアドバイスされたことを、どんなふうにしていくか話し合ったり、一人一人が少し意識しながら声掛けあったりしていきます。その積み重ねの中で、自主性が育っていきます。だから、お見せできなくて残念ですが、舞台裏では、担任が指示を出すことがどんどん少なくなり、子どもたちで劇を進めています。お互いに助け合いながら演じています。そんな様子を思い浮かべ子どもたちの声を聴いていただきながら今日の発表を見ていただけたらと思います。
 さて、人形作りの最後は、色塗りです。 続きを読む…

カテゴリー: 保育, 5歳児 タグ:

2013年度年長組人形劇物語その2

2013 年 12 月 5 日 ishihara Comments off

 今週末はいよいよ年長組の保育参観「人形劇」です。今週からホールの舞台で本格的な練習をしています。とはいえ、5歳児の子どもたち。初日は、舞台の中にいるだけでうれしくて、興奮していました。水曜日からお客さんとしてちいさい組や年中組が見に来てくれました。すると気持ちがグーンと乗ってきた年長組の子どもたち。声も大きくなり互いに教え合ったりする姿も出てきました。明後日の本番に向けて、日ごとに進化している「人形劇」です。 さて、前回紙粘土づくりで終わっていたので、その続きから。
続きを読む…

カテゴリー: 保育, 5歳児 タグ:

2013年度年長組人形劇物語 その1

2013 年 11 月 25 日 ishihara Comments off

 10月末から始まっていた年長組の人形劇の取り組み。どの話を演じるかで各クラスとも大いに悩みましたが、話し合いの結果決まりました。らいおん組が「ももたろう」・ぞう組が「おおかみと七匹のこやぎ」そしてきりん組が「3びきのやぎのがらがらどん」・・・ぞうときりん組は、絵本やごっこあそびで小さい組の頃からずっと親しんできた物語です。そしてらいおん組は、これも有名な「ももたろう」。各クラスがそれぞれのお話をどんなふうに人形劇にしていくのかとても楽しみです。まずは、人形作りからです。 (らいおん組クラス新聞より)5日(火)いよいよ本格的な人形作りがスタートです。最初に、基本となる土台作りを行いました。①半分の新聞紙をくちゃくちゃに丸めて、②作った首のハガキを差し込みます。③紙粘着テープでぐるぐる巻きます。(この時に上手く首と頭をくっつけなければいけないのです。)苦労しながらも 、何とかつなげて巻くことができました。 続きを読む…

カテゴリー: 5歳児 タグ:

「おばあちゃんの手やわらかかったよ」…拍手喝采ソーラン節

2013 年 10 月 17 日 ishihara Comments off

 楽しかった運動会を挟んで、年長組はソーラン節の公演に出かけてました。行先は、近くにある老人福祉施設です。10月10日富士見市役所近くにある「こぶしの里」へ、らいおん組とぞう組が出かけました。この施設には毎年出かけているので、お年寄りの方たちもよく知っていて、とても楽しみに待っていてくれてます。
 給食を食べて午後1時20分にバスに乗り込みました。ちゃんとはっぴを着て、腰紐もつけています。バスの中は、大興奮!!「どきどきする~」と言いながら大はしゃぎで、子どもたちのワクワク感でバスが揺れていましたよ。案内された会場に入ってびっくり。ずらっとホールいっぱいに待っていてくれたおじいちゃんおばあちゃん達。でも、子どもたちは物怖じすることなく、堂々と心を込めて踊りました。さすがそのっ子です。途中から手拍子も始まり終わったときは、拍手喝采でした。その後荒馬や歌も披露。おじいちゃんやおばあちゃんと輪唱遊びもしました。 続きを読む…

カテゴリー: 5歳児 タグ: