アーカイブ

‘保育’ カテゴリーのアーカイブ

運動会は8日に延期します

2017 年 10 月 6 日 takano Comments off


子どものそのの運動会は、雨のため8日(日)に延期します。
子どもたちの気持ちが盛り上がっていたのに残念ですね。
8日〈日)にみなさんのお越しをお待ちしています。

カテゴリー: 保育 タグ:

雨降るなか、ひよこ組の入園のお祝い

2016 年 4 月 7 日 noto Comments off

4月7日、認定子どの園幼稚部と一緒に、ひよこ組の入園のお祝いが開かれました。
あいにく雨が降りしきり、ひよこ組の玄関先のサクラが見事に満開だというのに、園庭で全員の入園のお祝いはできませんでした。
でも、ひよこ組は13人全員が勢ぞろいして、手狭な保育室ながらお父さん、お母さんたちに囲まれて楽しく入園のお祝いができました。初めての朝の集まり、名前を呼ばれて恥ずかしくて顔を隠す子、「ハーイ」と手を挙げて返事をする子、みんな可愛いですね。先生といっしょにうたを歌ったり、絵本を読んでもらい、誰一人泣きもしないで記念撮影もできました。明日から元気に登園してね。

カテゴリー: 2歳児 タグ:

待ちに待った遠足だよ~

2015 年 10 月 26 日 ishihara Comments off

いよいよ大バザールまで秒読みですね。値付けに連日来てくださっている皆さん、お疲れ様です。そしてありがとうございます。後は天気を祈るばかりですね。子どもたちは、野外保育(遠足)が始まりました。21日(水)が年中組クラス。子どものそので一番初めに行くということで、とても嬉しくてうきうきしてましたよ。
 23日(金)2歳児。バスの中から元気いっぱいで、首の長いきりんに見とれたり、ふれあいコーナーでやぎを触ったり、豚の背中を恐る恐る触れたり。おもしろい経験をいっぱいしました。(写真はやぎに触るひよこ組)
 週明けの26日(月)は、幼稚部の年少組。上尾の丸山公園に出かけました。小動物を見たり、アスレチックコーナーで、遊具に挑戦したり。思いっきり遊んできましたよ。そしてどの年齢の子も、「おなかすいたー、お弁当早く食べたーい」と言ったのでした。お母さんたち、朝早くからお弁当作りありがとうございました。子どもたちの食べてる顔がとってもかわいかったです。残る年長組となのはな組、そしてきんぎょ組の遠足は、バザーが終わってからになります。楽しい思い出をいっぱい作りましょう

カテゴリー: 保育 タグ:

今年度最後の誕生会 つぼみのお祝い

2015 年 3 月 3 日 takano Comments off

A季節が少し進んで、日差しが暖かく感じるようになりました。草花や木々のつぼみもよく見ると膨らんできています。
今月の誕生会は「つぼみのお祝い」です。3月生まれの子どもたちはずっと自分の出番を待っていたのですから、みんなのお祝いの歌や先生たちの演技にも力が入りました。
A写真は、4歳5歳の担任の先生が合同で演じた「どろぼう学校」です。もともと個性的なキャラクターの登場人物ですが、そこに先生たちの個性が加わって、楽しい劇になりました。生徒たちが学校の宿題でどろぼうをしてくる場面では、何とヤギのメリーも登場し、みんなびっくりというか、大喜びでした。2,3歳の誕生会では、「どうぞのいす」の人間劇で、こちらはほんわかとした温かい劇でした。    
特集記事はこちら

カテゴリー: 保育 タグ:

「赤ずきんちゃん気をつけて!」・・・雪のお祝い

2015 年 2 月 19 日 ishihara Comments off

 今朝は、一面の霜柱で庭も周りの田んぼも真っ白でした。一年で一番寒い季節ですね。だから今月のお祝いは「雪のお祝い」。でもお誕生会をする頃には、寒さも緩み春の気配を感じるようでした。ひよこ・すずめ組と年少組はたんぽぽに集合。北嶋先生の司会で一人ひとり大きな声で名前を言えました。先生たちからは「こぶとりじいさん」のペプサート劇。豆まきの鬼と違って怖くなかったね。

 年中組は、「赤ずきん」。病気のおばあさんを尋ねる途中、ずるがしこいおおかみ(屋良先生)にそそのかされて、花摘みに行ってしまう赤ずきんちゃん(菅沢先生)。その間におばあさん(吉原先生)を食べてベッドで寝て待つおおかみ。何も知らずおおかみに近づき「どうしておばあちゃんの耳は大きいの」「お前の声がよく聞こえるようにさ」・・・子どもたちはドキドキしながら次のセリフを待っているのがよくわかります。「赤ずきんちゃん気をつけて」という声が聞こえてくるようでした。最後は猟師(沓間先生)に助けられてめでたしめでたし。

 年長組は、「一年生って楽しいな」をテーマにうさぎのうさおとたぬきのぽんこ、ねこのニャー先生の楽しい学校生活に、みんな大笑いでした。小学校が楽しみだね。2月生まれのお友だち誕生日おめでとう!(1月にお休みした子も一緒に祝いました)特集記事

 

 

カテゴリー: 保育 タグ:

「その」の保育実践「あそびを育てる」が学術図書に

2015 年 1 月 30 日 noto Comments off

日本図書センターから「戦後幼児教育・保育実践記録集」全27巻が発行されることになりました。第1期「表現する子ども―幼児の知性と人格発達へのまなざし」全9巻はすでに発行されています。「その」の保育実践をまとめた「あそびを育てる―どろんこ保育のカリキュラム」は第3期「保育のデザイン―環境構成からカリキュラム」全9巻の1冊として、今年の10月ころ出版される予定です。この実践記録は日中出版から1982年に出版され、いまは絶版となっておりますが、今回の復刻にあたり「あそびとまなび」のセクションで、和光大学教授太田素子先生の解説文が寄せられる予定です。
この「実践記録集」は全国の主要図書館、研究者向けに限定150部を出版する計画なので、全27巻294,000円という価格になり、一般には販売されません。みなさんに読んでいただけないのは残念ですが、いずれ電子図書などの形で再版を考えたいと思います。

続きを読む…

カテゴリー: 保育 タグ:

何かな何かな・・・何が出るかな?「氷のお祝い」

2015 年 1 月 20 日 ishihara Comments off

寒い毎日が続きますが、1月生まれの子どもたちが楽しみにしていた誕生会が20日に行われました。ひよこ・すずめ・年少組は、すずめの部屋に集合。すずめ組の川﨑先生が、小さい子が楽しめるクイズをしてくれました。「なにかななにかな?」と画用紙をくるくる回すと、その形からいろいろ当てます。にんじん・くるまはすぐに分かったけれど、最後の形は「な~に?」。「ロケット」「かいじゅう」・・・さて正解は、「お誕生ケーキ」。リボンを飾った美味しそうなケーキでした。食べたかったね。先生たちのお芝居は、「てぶくろ」。思わず立ち上がってみる子もいました。
年中組は、屋良先生と沓間先生がぶんぶんごまの4個まわしの技を披露。挑戦する子が増えることでしょう。プレゼントのお芝居は、「たべられたやまんば」。逃げるこんぞと追いかけるやまんばが部屋を飛び出しベランダをぐるっと回って飛び込む活劇風のお芝居だったので、観てる子どもたちは大興奮でしたよ。残念ながらインフルエンザで3人の子がお休みしました。来月一緒に祝いたいと思います。
年長組は、新しい歌を先生たちから教えてもらいました。エルマーのぼうけんの挿入歌「金色のつばさ」です。子どものそのでは、年長組が卒園の時に歌うのです。子どものそのから飛び立っていく年長組の子どもたちにぴったりの歌です。小さい頃から年長になると歌う曲として知っているので、憧れの曲です。
歌うポイントを先生たちから教えてもらって、早速歌ってみました。初めてにしては、よく歌えてました。これからが楽しみです。その後、誕生日の子どもたちが紹介され、「だいくとおにろく」のペプサート劇をプレゼントしてもらいました。みんなおめでとう!特集記事

カテゴリー: 保育 タグ:

しんしんと雪の世界のおはなしが・・・大爆笑の誕生会

2014 年 12 月 19 日 ishihara Comments off

昨日までの寒さが嘘のように、穏やかな日和の今日は、「火のお祝い(12月の誕生会)」が行われました。
ひよこ・すずめ組と年少組は、すみれ組の部屋に集まりお祝いしました。今月は12人です。司会の雪野先生が面白いことを言うので、子どもたちはリラックスできたようです。そして16ミリ映画「ミッキーのクリスマス」の上映です。人気者のミッキーが出てくるだけで大喜びの子どもたちですが、映画の内容は「クリスマスキャロル」をモチーフにした深い内容だったので、みんなじっくり静かに見ていたそうです。ちょっと難しかったかな。
年中組と年長組はそれぞれ学年で集まってお祝いした後、ホールで年中組と年長組の先生たちによる「てぶくろ」の劇です。暗いホールにスポットライトだけが灯り、繰り広げられる「てぶくろ」のお話。しんしんと雪が降る世界でのお話。初めは年中・年長組合同で騒然としていた子どもたちですが、食いしん坊ネズミ(内藤先生)が登場するとたちまちお話の世界に引き込まれ、シ~ンと見始めました。次々に現れる動物がどんどん手袋の中に入り最後は巨人のようなのっそりくま(屋良先生)まで、どこかおかしい動物たちに、大笑いの子どもたちでした。なかでもおしゃれ狐役の山下先生は意外で子どもたちも大喜びでしたよ。おもしろかったね。12月生まれのみんな、おめでとう!(特集記事)

カテゴリー: 保育 タグ:

あつあつほくほく!焼き芋大会

2014 年 12 月 10 日 ishihara Comments off

 9日10日の2日間は焼き芋日和。9日のうさぎの広場では、お母さんたちが子どもたちとパチパチ火が燃えるところからじっくり見てくれました。
落ち葉が燃えて、煙がもくもく。「まだかなまだかな」と楽しみに待ってくれましたよ。初めに子どもたちの分が焼き上がり、しばらくしてからお母さんたちの分。半分は子どもに取られながら、親子一緒にアツアツをほおばるときの笑顔がいいですね。この日は、0歳から2歳児の在園の子どもたちの分も一緒に焼きました。とっても嬉しそうに食べてましたよ。
続きを読む…

カテゴリー: うさぎの広場, 保育 タグ:

1カ月半かけて創った人形劇に、家族の惜しみない拍手

2014 年 12 月 6 日 noto Comments off

10月の末から1カ月半を費やして作り上げた年長組の人形劇が、12月6日、満席の家族を迎えて熱演されました。
午前は保育園きりん組の「ももたろう」、午後はらいおん組の「やまなしもぎ」とぞう組の「おおかみと7ひきのこやぎ」…どれも小さい組のときから読み込んだお話だけに、子どもたちは自信をもって演じ切りました。
遠足の後、和紙をちぎって紙ねんどを手作りするところから始めました。すべて先生の指示で進めるのではなく、毎日クラスのみんなで話し合いを重ねながら進めました。人形も、大道具や小道具も、セリフも…実に長い長いとり組みでした。この体験と感動は、就学に向けて、かけがいのない力になって行くことでしょう。

続きを読む…

カテゴリー: 5歳児 タグ: