アーカイブ

2009 年 8 月 のアーカイブ

誕生会「太陽のお祝い」

2009 年 8 月 28 日 noto コメント 1 件

tan-08b 8月28日、夏季保育の中日に8月生まれの誕生会「太陽のお祝い」が行われました。
 誕生会は、年少・ひよこ組、年中組、年長組が保育年度ごとに開きます。先生のエプロンシアターを見たり、手品に感嘆したり、当番の先生の“芸”で楽しい時間を過ごします。それから誕生月の子が王冠やペンダントをつけて前列に並び、みんなに誕生日の歌で祝ってもらい、クラス名、名前、何歳にあったか、みんなに伝えます。嬉しい嬉しい誕生会です。
 年度別の誕生会の前に、それぞれのクラスでミニ誕生会をします。そこではおうちの方からのわが子へのメッセージを先生が代読します。読み上げられると、とても恥ずかしそうに照れて、でも幸せそうですよ。 (詳細はこちら)
続きを読む…

カテゴリー: 保育 タグ:

待ってたよ夏季保育

2009 年 8 月 27 日 noto Comments off

natu-1 夏季保育の後半(8月27日~29日)が始まりました。長い夏休み、子どもたちはこの日を待ち構えていたかのように元気に登園してきました。休んだ子はほとんどのクラスが2~3人。お母さんも久しぶりにほっとなさったでしょうね。
 登園した子供たちはさっそく外へ飛び出して、アスレチックやターザンロープ、うさぎのすべり台などで遊んでいます。草の実で色水あそびをする子の傍らで、ひと固まり泥だんごづくりに取り組む子どもたちもいます。日差しがまだまだ強いので、プールには朝から水音がほとばしっていました。
 朝の始まりの時間が近づくと、年少組から順番にプールが始まりました。久しぶりの先生、久しぶりの友だち、そして大好きなプール…みんな元気いっぱいです。
続きを読む…

カテゴリー: 保育 タグ:

第18回目 キャンプセミナー レポート

2009 年 8 月 23 日 uchiyama Comments off

all1

2009年キャンプレポート(2009年8月23日 山逢いの里キャンプ場)

第18回キャンプ初心者セミナーは、8月22日(土)・23日(日)の2日間にわたって、秩父市吉田の「山逢いの里」で行われました。
好天に恵まれ過ぎて、初日は山も暑くてテントの設営にたっぷり汗を流しました。
子どもたちもお父さんたちを手伝ったり、作業を見守ります。
さっそく虫捕り網をもって、友だちと草むらや木立を探検する子もいます。みんな楽しそう。
みんなが揃ったのを見計らって”開村式”。園長が「二日間を楽しく過ごしましょう」とあいさつ、
お父さんと遊ぼう委員の説明があった後、エイエイオーと気合を入れてキャンプセミナーは幕を開けました。

子どもたちはさっそく川遊び。吉田川は水量もまずまずで、浮輪や救命胴衣に身を固めた子どもたちが、
お父さんやお母さんに見守られながら、清流に身を横たえて泳いだり、流れのままに下ったり、それはそれは楽しそうでした。
お父さんと遊ぼう委員のお父さんが交代で安全のために見張り当番をしています。
カニや魚捕りに挑戦して、川岸をどこまでもさかのぼる親子もいました。

夕方からは夕食作り。お父さんたちが火のそばで大活躍でした。
共通の献立はカレーライスですが、鳥の丸焼き、燻製、手作りパンなどに取り組む班もあって、
キャンプ場はおいしそうな匂いがいっぱいでした。

数家族ずついっしょの夕食が終ると、お待ちかねのキャンプファイヤーです。
多目的広場に集合して、「もぐらのおどり」や「かっぱのまつり」をうたううち、
あたりが暗くなって、たいまつを掲げた3人のお父さんたちが火をつけました。
炎はあかあかと燃え上がり、歌声は一段と高くなりました。歌の後は「猛獣狩りに行こうよ」のゲームを楽しみました。
猛獣狩りに失敗したおとな・子どもたちは、ゴリラになってファイヤーを一周する罰ゲーム。みんな大笑いです。
広場で花火を楽しんでからテントに戻りました。
夜も更けて9時には生ビールと様々な手作りの燻製で懇親パーティです。
どのコーナーも12時近くまで話が弾んでいました。生ビールは20リットル入り5缶が空になりました。

cyanp-2 cyanp-1








翌朝は6時半からラジオ体操、朝食の後、9時から記念撮影をして閉村式。
無事故で楽しいキャンプセミナーを終了することができました。どなた様もお疲れ様でした。
なお、キャンプセミナー参加者は、103世帯、おとな199人、子ども205人、計404人でした。


『キャンプセミナー』とは

<子どものその>のキャンプセミナーは、初めてキャンプをするお父さんたちに、テントの張り方や薪を使った炊飯などを学んでもらおうと1992年に始まり、今年で第18回目を迎えました。
キャンプファイアーなど楽しい催しを通じて、子供同士はもちろん、お父さんお母さん同士の親睦を図ることも目的にしています。
第1回セミナーは、ヒマラヤ登山も経験している理事が講師になり、<その>の園庭で開かれました。
3回目は秩父のトライウッドキャンプ場、4回目からは山逢いの里キャンプ場に会場を移して、本格的なキャンプになりました。
「子どもと一緒にキャンプに行ってみたいけど、テントも寝袋も無いし…」というご家庭も多いようです。
でも大丈夫。<子どものその>には、備品としてレンタルテントもあります。
それでも不足する場合は、近隣市町のテントを借用して、参加者に貸し出します。
寝袋も夏のキャンプですから特別に必要はありません。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

川遊びを楽しむキャンプセミナー

2009 年 8 月 23 日 noto コメント 2 件

cyanp-0 第18回キャンプ初心者セミナーは、8月22日(土)・23日(日)の2日間にわたって、秩父市吉田の「山逢いの里」で行われました。好天に恵まれ過ぎて、初日は山も暑くてテントの設営にたっぷり汗を流しました。子どもたちもお父さんたちを手伝ったり、作業を見守ります。さっそく虫捕り網をもって、友だちと草むらや木立を探検する子もいます。みんな楽しそう。
 みんなが揃ったのを見計らって”開村式”。園長が「二日間を楽しく過ごしましょう」とあいさつ、お父さんと遊ぼう委員の説明があった後、エイエイオーと気合を入れてキャンプセミナーは幕を開けました。
 子どもたちはさっそく川遊び。吉田川は水量もまずまずで、浮輪や救命胴衣に身を固めた子どもたちが、お父さんやお母さんに見守られながら、清流に身を横たえて泳いだり、流れのままに下ったり、それはそれは楽しそうでした。お父さんと遊ぼう委員のお父さんが交代で安全のために見張り当番をしています。カニや魚捕りに挑戦して、川岸をどこまでもさかのぼる親子もいました。 続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

人形劇の実践を研究集会で発表

2009 年 8 月 2 日 noto Comments off

kana-1 8月1日、2日、伊豆長岡で開かれた全国幼年教育研究協議会(全幼協)の第47回全国教研集会で、子どものその金室陽子先生が人形劇「かにむかし」の取り組みの実践を報告しました。報告は「幼稚園・保育園・小学校のつながりと豊かな学び」分科会で行われ、昨年のきりん組の人形劇を子どもたちが主体的に取り組み、やり遂げた過程を明らかにしました。とくに40日にわたる継続的な取り組みを、子どものペースで繰り返し積み重ねたていねいな話し合い活動を、具体的な発言記録を綴って、子どもたちと作り出す「協同的な学び」として描き出し、参加者に深い感銘を与えました。 続きを読む…

カテゴリー: 5歳児 タグ: