アーカイブ

2011 年 12 月 のアーカイブ

サンタさんが来て、二学期は終わりました

2011 年 12 月 30 日 noto Comments off

 シャンシャンシャン♪と鈴の音を響かせて、たんぽぽ組にサンタさんが来てくれました。
 早く目を覚ましていたゆうすけ君、サンタさんが部屋に入ってくるのを見ると、ガバッと布団に伏せました。寝ている子どもたちを「起きて! サンタさんが本当に来てくれたよ」と起こすと、いつも寝起きが悪いももかちゃんが、パッと起き一番に受け取って、「ありがとう」と言えました。
 「わあ、サンタさんだ!」と近づく子は全くいなく、むしろ逆の子の方が多かったですよ。後ずさりするそうた君、手を出さないふ・そらちゃん、寝転んだままプレゼントをポイと投げ出してしまうまさき君、ほまれ君はビックリしすぎてか、サンタさんを見ることもできず、泣いてしまいました。
 寝起きで、まだ夢の中の感じだったのかな? 言葉の出ない子ばかりでしたが、一人ひとりサンタさんから手渡しでプレゼントをもらい、頭をなでてもらったりと嬉しそうでしたよ。
続きを読む…

カテゴリー: 3歳児 タグ:

子どもは風の子だね 誕生会「火のお祝い」

2011 年 12 月 20 日 noto Comments off

12月の誕生会は、火のお祝い。
写真は、年少組とひよこ組の誕生会で、新美先生が靴下人形のヘビ君で子どもたちと一緒にじゃんけんをしているところです。このヘビ君は寒がりで次々と重ね着をしていくうちに、まん丸になってしまいました。最後は「子どもは風の子、大地の子」と劇団風の子のような台詞で締めくくりました。
年少組は、16ミリの映画の「ももたろう 」、年中組は「やさしいらいおん」を観ました。今はDVDの時代ですが、子どもたちはカラカラ音を立てながら回る映写機を珍しそうに眺めながら、楽しんでいました。年長組は、「ふたりのサンタおじいさん」のペープサートを先生たちが演じました。 (特集記事)

カテゴリー: 保育 タグ:

ホームページ、コメント欄一時閉鎖のお知らせ

2011 年 12 月 17 日 noto Comments off

 子どものそののホームページは、子どものそのの保育内容や父母の活動を知らせ、組合員の交流と親睦を図り、広く一般市民の方にも「その」の良さをわかってもらうために始めたものです。その趣旨を積極的に生かそうと、各記事の後ろには読者からのコメント欄を設けていました。しかし、そういった目的に反し、園とは無関係な人々の一方的な書き込みにより、子どものそののイメージが傷つけられ、このままでは組合員の利益が守れないと判断しました。これまで善意でコメントを寄せてくれた方々にはたいへん申し訳ありませんが、ここでコメント欄を一時閉鎖することにします。
 子どものその保育生協は、組合員と職員が力を合わせて運営する保育施設です。クラス会や地域班会議、総代会など様々な場で、意見を交わし、子どもが子どもらしく生きることのできる保育環境、保育内容を保障するためにみんなで知恵を出し合い、みんなで経営を支えています。
 このコメント欄の一時閉鎖は、12月17日に開催された理事会において、全会一致決定されたものです。

カテゴリー: 未分類 タグ:

目の前の生演奏でX’マスコンサート

2011 年 12 月 13 日 noto Comments off

 12月13日、一足早いクリスマス・コンサートが開かれました。演奏は、ヴァイオリンを桜井蘭さん、ピアノを齋藤奈美さん。例年そのの子どもたちの目の前で生演奏をして下さる卒園生のお母さんペアです。
 今年はちょうちょう組の特設舞台で、ひよこ・年少、年中、年長の3回公演でした。
 普通クラシックの演奏会は幼児は入場できないし、まして目の前で聴けるなんて、なんと幸せなことでしょう。司会の石原先生が、「耳を澄まして聴いてね。静かに聴いていると、音楽の美しい世界が眼に見えてきます」と話しました。どんな世界が見えたでしょうか。子どもたちは知ってる曲、マルマルモリモリやクリスマスメドレーのときは、大きな声で楽しく歌いました。

続きを読む…

カテゴリー: 保育 タグ:

落ち葉焚きでおいしい焼き芋 うさぎの広場

2011 年 12 月 8 日 noto Comments off

 前日の雨も止み、晴天に恵まれて、朝からやきいもを楽しみに、74世帯のお母さんと子どもたちが来てくれました。
 園に来ると、やぎのメリーに草をあげたり、砂場でご馳走を作ったりと、それぞれに過ごし、時間になってゴザの上に集まりました。やきいものパネルシアターの後、「やきいもグーチーパー」をお家の人と一緒にやりました。
 それからお芋をアルミホイルに包んで、焚き火のところに持ってきてくれました。お芋が焚き火の中に入ると、火や煙をジーッと見つめています。陽だまりでゆっくりしているうちに焼きあがりました。アツアツのお芋を、フーフーしながら食べました。「おいしい!」「おいしいね」という声が。
 お母さん方からは「やきいもなんて、なかなか出来ない貴重な体験ですよね」というお話も聞きました。とてもおいしかったのか、その後も「お代わりしていいですか?」とお変わりの嵐。
続きを読む…

カテゴリー: うさぎの広場 タグ:

とりくんで1ヵ月余、やり遂げたこの笑顔

2011 年 12 月 4 日 noto コメント 1 件

 年長組の人形劇はあいにくの冷たい雨が降りしきる3日、仮設園舎の特別舞台で行われました。
 和紙をちぎって紙粘土を手作りするところから始めて、1ヵ月を超えるとりくみ、どのクラスも、どの子も頑張りました。みんなで協力して劇を創造したとりくみは、人とつながり、感動を共有して生きるかけがえのない体験となるでしょう。
 やり遂げて客席の前に並んだ子どもたちは、幸せいっぱい、達成感いっぱいの素敵な笑顔でした。観て下さった家族の方にも感動していただけたと思います。
 会場がいつものホールより狭く、苦労もありましたが、客席の父母と一体感があって、とてもアットホームな観劇会になりました。
続きを読む…

カテゴリー: 5歳児 タグ: