アーカイブ

2012 年 1 月 のアーカイブ

アスレチック大改修、年中ウッドデッキも

2012 年 1 月 29 日 noto Comments off

 この土・日は寒かったですね。その中をたくさんのお父さんたちが年中組ウッドデッキの塗り替え、アスレチックの補修ボランティアに参加してくださいました。
 年中組南側のウッドデッキは3年前に大勢のお父さんたちのボランティアで作っていただいたもので、保育室がとても広く使えるようになりました。今回は2度目の塗り替えです。
 アスレチックの補修は、年少ランドと呼ばれている平らな板敷きのところ、その板が傷んで、一度張り替えたのですが、ここも2度目の補修です。土台の古電柱の丸太を新しいものに取替え、板も一段と厚い新しいものに替え、さらに広くして、面目を一新しました。
 ここは地域開放事業「うさぎの広場」で始まりの集いに使っているのですが、次回は小さい子たちもビックリすることでしょう。
続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

寒風のなか、やぎのメリー逝く

2012 年 1 月 27 日 noto Comments off

 そのの人気者、やぎのメリーが1月28日の昼下がり、入院先の上福岡動物病院で静かに息を引き取りました。
 寒さに加え、風邪気味であったのか、食欲も元気もなく、前日罹りつけの上福岡動物病院に入院しました。院長の熱心な治療で今朝は少し元気になっていたのですが、急にまた倒れたものです。
 メリーは深野園長の運転する園の軽トラで、悲しい帰還となりました。急を知った子どもたちが折り紙で手作りした花を飾りました。きりん組のみおちゃんは、「メリー、メリー」と声を上げて泣いていました。ともかちゃんはお別れの手紙をメリーの傍らに置きました。

続きを読む…

カテゴリー: 5歳児 タグ:

親子でいい笑顔、真剣に遊ぶ 

2012 年 1 月 22 日 noto Comments off

 第38回親子そのまつりは、あいにくの寒空でしたが、予報された雨はどうにか避けて通り、楽しい“あそびの一日”となりました。お父さんやお母さんたちの熱心な取組みで寒さは吹っ飛び、暖かな雰囲気に満ちたあそびのコーナーが終日親子で賑わいました。
 親子そのまつりはクラスごとに選ばれた親子そのまつり委員を中心に、クラスのお母さんたち全員で時間をかけて準備してきました。ポスターひとつとっても力の入れようが分かります。昔からのあそびを子どもたちにどう伝えていくか、工夫の凝らされた取組みでした。
 参加したお父さんたちも子どもと一緒に、或いは子どもそっちのけで夢中になり、とてもいい表情で遊んでいました。グランドが濡れていて会場を移した竹馬、大縄跳び・ゴム段などはやりにくい面もあったでしょうが、それでも子どもたちは楽しく参加していました。たくさんの卒園生もいろんなあそびコーナーを梯子して、久しぶりの「その」を満喫してくれたでしょう。運営に当って下さったお母さんたち、お疲れ様でした。写真はたんぽぽ組の魚釣りを楽しむ親子連れ。(詳細は後日) 

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

伝承あそびを子らに伝えよう 第38回親子そのまつり

2012 年 1 月 18 日 noto Comments off

 お父さんやお母さんがむかし遊んだあそびを、日本の文化として次の世代に伝え、残していこうという「親子そのまつり」は、1月22日(日)、第38回を迎えます。
 1974年創立10周年の記念行事が楽しかったので、翌年から親子で楽しむ行事が始まりました。伝承あそびを後世に伝えるという位置づけがはっきりしたのはいつごろからだったでしょうか。
 教育、学校とは「上達へのあこがれを共有しながら技を磨く場」と斎藤孝氏は著作の中で述べています。子どもたちはあそびの中で、心もからだも“生きる力”…技を身につけていくのではないでしょうか。そして、伝承あそびはその深い愉しさゆえに、上達への憧れをもたらし、意欲と技を育てます。だからこそ電子メディアに偏ったあそびが広がる時代だからこそ、次の時代へ残していかなければなりません。まずはお父さん、お母さんがむかしあそびを楽しみ、そこへ子どもたちを巻き込んでいきましょう。
続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

どっきり!おにがでた

2012 年 1 月 17 日 noto Comments off

こおりのおいわい(1月の誕生会)1月17日

今年初めての誕生会が、各学年ごとに保育室でおこなわれました。ここ数日寒さが厳しいのですが、今日はお誕生日をお祝いするように、穏やかな天気でした。もうすぐ、「豆まき」があるのでどの学年も鬼が登場。ひよこ年少組の子どもたちは、「なんだろう」というふうに観ていましたよ。鬼といわれてもまだピンとこないのかもしれませんね。
年中組になると去年の豆まきを経験した子も多いので、一瞬ドッキリしたようです。でも「あ、ゆうきせんせいだ」「こわくないよ」と言いながら『だいくとおにろく』のペプサート劇をじっくりみていました。年長組になると余裕です。よく知っているお話ですが、だいくがおにろくの名前を言い当てるシーンになると先生たちのアドリブに大笑いしていました。さて、2月の豆まきのときは、どうなるのでしょうか。楽しみです。  (特集記事)

 

カテゴリー: 保育 タグ:

“お父さんと遊ぼう”と凧揚げ、コマ大会

2012 年 1 月 8 日 noto Comments off

 お父さんと遊ぼう委員会が主催する冬バージョン「凧揚げ・土手すべり、コマ・ベイゴマ大会」は1月8日(日)、たくさんの家族が「その」に集まって、楽しく外遊びに興じました。
 午前中の凧揚げは微風ながら風もあり、ずいぶんよく上がっているタコもありました。土手すべりは草が緑っぽくて重たい感じでしたが、滑れば面白くて夢中になりました。
 新河岸の土手や川向こうの田んぼで遊ばせてもらって、「寒い寒い」と園庭に帰ってくると、「お父さんと遊ぼう委員」以外の理事さんたちが熱いとん汁を作って待っていてくれました。持参のおわんを手に、長蛇の列。冷え切ったからだには何よりのご馳走、ほんとうに美味しかったですね。
続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

もうすぐ“そのっ子”だよ。(新入園児の個人面接)

2012 年 1 月 7 日 noto Comments off

 ちょっと風が冷たいけれど快晴の1月7日、新入園児の面接がありました。
 お父さんやお母さんが先生と話し合うのを静かに聞いていて、そのあと先生に絵本を読んでもらいました。色紙の色をあてたり、ちいさなおはじきを数えたりしました。先生のまねをして、おはじきを握って、「どっちの手?」と楽しく遊ぶ子も。
 ちょうど3ヵ月後の4月7日にはピカピカの“そのっ子”です。園庭につながれたやぎのメリーに草をあげたり、アスレチックで元気に遊ぶ子がいっぱいです。地域開放事業「うさぎのひろば」で慣れている子もいるのでしょう。面接が終わって、風が冷たいし、もう帰りたいお母さんたちを尻目に、いつまでも遊んでいる子もいました。
 工事用の覆いに包まれた保育園の姿をみて、「完成が楽しみですね」と声をかけて下さる方もありました。この日は雲もなく、工事中の屋上から富士山が美しく眺められました。子どもたちの目の前に、絶景が姿を見せるのももうすぐです。

カテゴリー: 保育 タグ: