アーカイブ

2012 年 5 月 のアーカイブ

新緑の季節「はっぱのお祝い」

2012 年 5 月 26 日 takano Comments off

草がぐんぐん伸びて、木々の緑が濃くなる季節、子どもたちも遊びが楽しくなってきて、新しい活動が始まります。5月の誕生会は、「はっぱのお祝い」。
写真は年長組の先生たちが「おたまじゃくしの101ちゃん」のペープサートを演じているところ。年長の子どもたちは、先日の山登りで冒険をしてきた後なので、劇を見つめる目も真剣そのものです。主人公の101ちゃんと自分たちを重ね合わせて観ているのかもしれませんね。
今月からは、保育園0,1歳のめだか組、きんぎょ組も一緒に集まって誕生日のお祝いを始めました。赤ちゃんたちも誕生日の歌に体を揺すりながら楽しそうにしていました。
年少と2,3歳の誕生会は、紙をちょきちょき切って開くと葉っぱが出てくるお話。年中は、困った時のおまじないをみんなで唱えると、消えた紙が出てくるという不思議なマジックでした。    (特集記事)

カテゴリー: 保育 タグ:

快晴、金勝山に登り切る

2012 年 5 月 23 日 noto コメント 1 件

23日(水)いよいよ山登りの日がやってきました。心配された天気も見事に晴れてくれました。
時間になったらバスに乗り込み出発です。バスの中では、歌を歌ったり、クイズをしたりして楽しく過ごしました。(金室先生が、『くま組さんの作戦は?』と聞いたら、『みんながみんなをまもる!』という答えが一番に返ってきたのです。なんだか嬉しかったですね。)最初は町や田んぼの景色だったのが、どんどん山の中へ。みんな元気がなくなってきたので、『山登りの歌』の繰り返しバージョンを元気よく歌っていると、いつのまにかバスは、東武竹沢の駅に到着しました。
駅前に小さな神社があったので、みんなで『沼のぬしにやられませんように・・』とお願いをしてから歩き始めました。この辺りでは、余裕の子ども達。『木苺ないかな?』『普通の散歩みたいだね』なんて言っていたのですが、〝東登山道入口〟を曲がり、いよいよ沼の手前に到着したので、『この先がぬまのぬしだよ』と話すと、みんな『えー』『怖いよ~』と一気に怖がります。(何人かの子は抱きついてきましたし、泣きそうな顔になる子もいました。)『みんな大丈夫だよ。作戦通り行こう!』と言って歩き方の確認をしました。 続きを読む…

カテゴリー: 5歳児 タグ:

文庫委員会が活動を始めました

2012 年 5 月 22 日 noto Comments off

 クラス会で選出された文庫委員会が活動を始めました。
 5月22日は年少組への絵本の貸し出し。子どもたちは自分の選んだ絵本を家庭に持ち帰って、お家の方に読んでもらいます。
 あらかじめ文庫委員が年少組にふさわしい絵本を並べてくれていたので、どのクラスの子も迷わずに選ぶことができました。「その」の3クラスと保育園のなのはな組も順次貸し出しを受け、絵本を選んだあとは、文庫委員のお母さんに一冊読み聞かせをしてもらいました。みんな絵本は大好き。静かに聞き、反応良く声もあげて、ファンタジーの世界に集中していました。 
 初めて集団の読み聞かせを体験した文庫委員のお母さんは、「初めてでドキドキしました。でもキラキラした目で見てくれて嬉しかった」「物語に入りきって歓声をあげたり、反応がよくて、びっくりしました」と感想を話してくれました。一年間、文庫の活動をよろしくお願いします。

カテゴリー: 父母の参加, 3歳児 タグ:

久しぶり! 一年生のつどい

2012 年 5 月 20 日 noto Comments off

 春というより、初夏を思わせるような午後、元気な声とともに、元年長組の新一年生が、バスから降りてきました。
 久しぶりの再会に、抱き合ったり、追いかけあったりしながら、懐かしい元クラスの部屋へみんな集まりました。元担任の先生が「元気だった? 学校は楽しい?」と話すと、「楽しいよ!」「1年2組になったんだ!」など、報告してくれました。
 それから運動公園まで散歩へでかけました。田んぼのわきの水路に手を入れ、「冷た~い!」「気持ちいい!」と顔につけてみたり、土手では草の中でじゃれ合いっこ。友だちや先生と久しぶりに会った喜びを、からだいっぱいに表現していました。運動公園へ着いて、大人気のおやつのドーナツ。みんなで食べると、なつかしい味にたくさんおかわりコールがありました。

続きを読む…

カテゴリー: 卒園生 タグ:

うさぎの広場 新学期スタート

2012 年 5 月 15 日 noto Comments off

 うさぎの広場(地域開放事業)が14日、今年度のスタートを切りました。
 51世帯、69名の子どもたちが遊びに来てくれました。
 「むすんでひらいて」の手あそびの後、高野園長のギターにみんな興味津津。「春ってすてきだね」が始まると、ジーッと見ていたり、歌えないけれど口をパクパクして一緒に歌おうとする姿や、リズムに合わせて身体を揺らしている姿など、さまざまでした。
 「だるまさんが」の大型絵本の読み聞かせでは、「どしーん」「びょーん」の場面になると、一緒に言ってみたり、体で表現してみたりと楽しそうでした。
 その後は、お父さん手作りのアスレチックやトンネル山、うさぎのすべり台を探検して遊びました。砂場では砂を手ですくってザーッと落としてみたり、カップに砂をつめてご馳走を作ったり、水を汲んで渡すとシャベルで水をすくおうとしたり、足や手を入れて感触を楽しんでいました。
続きを読む…

カテゴリー: うさぎの広場 タグ:

その・保育園の全園児で節句のお祝い

2012 年 5 月 7 日 noto Comments off

晴れ上がった5月7日、子どもの日のお祝いが開かれました。
保育生協と保育園の300人余の全園児が園庭に大きな輪を作って集まりました。みんなで鯉のぼりのうたを歌った後、年長組の4クラスが、大きな輪の真ん中でそれぞれ得意なリズム活動を見せてくれました。
バギーに乗ったり先生に抱かれたりした0歳児、1歳児が子どもの日のお祝いに参加したのは「その」では初めてのこと。年長組がかねてこっそり作っていた手作りの鯉のぼりを全員にプレゼントしてくれて、お祝いを終えました。赤ちゃんたちもお土産を大事に持って家に帰りました。

カテゴリー: 保育 タグ:

給食室と結ぶ通路を建設します

2012 年 5 月 3 日 noto Comments off

 保育園の「その」寄りに作られた給食室に、そのの先生や子どもが給食を取りに行かれるように、屋根つきの通路とウッドデッキを増設することになり、4月28日着工しました。
 連休中に完成をめざしましたが、あいにくの雨。でも大工さんたちは屋根のある一角で作業を続けています。
 完成すれば、そののバス乗り場からひよこ組の前を通って、職員室と給食室の西側に増設されるウッドデッキにつながり、給食を受け取るのも食器を返すのもスムーズにできるようになるでしょう。そのウッドデッキは保育園のベランダに直結するので、ホールやプールに行くのも楽になります。二園の交流がもっと活発になるのが期待されます。この給食室側のウッドデッキからひよこ組裏の大人用トイレにも上履きのまま行かれる通路もできました。

カテゴリー: 保育 タグ: