アーカイブ

2012 年 11 月 のアーカイブ

見せるのも楽しいね 果物のお祝い

2012 年 11 月 27 日 takano Comments off

年長組の誕生会では、先生たちの出し物以外に、きりん組の子どもたちが「3びきのこぶた」の手遊びを見せてくれました。歌の最後で、胸に手をあてて「だいじょうぶ」というところがとてもかわいらしかったです。年長になると、「見る」だけでなく「見せる」ということにも喜びを感じるようになります。ちょっぴり緊張しながらもみんなの前に出て、楽しそうに歌ったり演じたりしています。
先生からの出し物は、今月も劇やペープサート、手品などもりだくさん。年少・ひよこ・すずめ組は「てぶくろ」の劇、年中組は「3びきのこぶた」、年長組は「てぶくろ」のペープサートでした。    

    AAAAAAAAあああああああああ(特集記事)

カテゴリー: 保育 タグ:

今を楽しみながら、就学準備を・・・年長合同クラス会

2012 年 11 月 24 日 ishihara Comments off

 22日(金)に、年長組合同クラス会が子どものそのホールで開かれました。小学校への就学に向けて、今の教育の現状や「ほんものの学力とは」「子どものそので培ってきた力とは」など丁寧に高野園長が話しました。園生活とのギャップやいじめの問題など、学校教育への不安が多いなか、参加した65名のお母さんたちは、熱心に耳を傾けていました。
 ノーベル賞を受賞した山中伸弥さんの「回り道したからこそ、今の自分がある」という言葉を紹介しながら、「失敗を面白いと思える感受性」や、「常識にとらわれない柔らかな頭」を育てる事の大切さを話しました。今の社会では、一度挫折すると戻れない、失敗は許されないという風潮が強くありますが、決してそうではないということの大きな証です。
 また、佐賀のがばいばあちゃんの「人生は総合力」という話や「すきこそものの上手なれ」などのエピソードにうんうんとうなずいているお母さんもたくさんいました。
 最後に「子どものそのの子どもたちは、人が大好きな子どもに育っています。いろんな人を受け入れる力も育っています。その力を大切にして、親が焦って先走らずに子どもが楽しんでいることを一緒に楽しんでほしい。そして家でほっとすることが、明日につながります。」と力説しました。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

息を止めて一筆一筆・・・色塗り

2012 年 11 月 19 日 ishihara Comments off

 待ちに待った人形の色塗りです。色作りも役柄に合わせて作ります。一人ひとりが試行錯誤しながら作るのです。初めに担任の先生から色の作り方や、パレットの使い方を聞きました。そのときの真剣な顔。子どもたちは、一斉に先生の手元をじっと見て、一言も聞き漏らすまいと言うようにしっかり聞いていてびっくり。さすが、大きい組です。
 パレットにほしい色を何色か取ってきて、混ぜ合わせます。「どうかな」。やっぱり違うと作り直します。もちろんささっと決めて塗りだす子もいますが、ほとんどの子は悩みに悩み、ずっと色の調合をしていました。パレットを何回も洗いなおし、はじめから色作りする子もいました。
 そして、塗るときの真剣さと言ったらありません。このとき一人ひとりの写真を卒園アルバム用に撮るのですが、息を止めて塗っている子どもたちは、写真を撮られていることも気にせず、一筆一筆丁寧に塗っていきます。どの子もほんとに真剣な気持ちで塗っているのが伝わってきました。

続きを読む…

カテゴリー: 5歳児 タグ:

「白い人形になったよ!!・・・紙粘土付け

2012 年 11 月 16 日 ishihara Comments off

フノリでぬるっとする紙粘土。さわった瞬間前日と同じ反応「ぬるぬるするよ~。」でもペタペタ触っているうちに、「あっ慣れたかも。」頭に粘土をつけていこうという段階になると、みんなが真剣です。
この紙粘土、今は水分を含んでいるので、ボテッとつけすぎるととても重たいので、「うすくうすくつけるんだよ」「おにぎりを握るみたいに、ぎゅってにぎるといいよ」と私も自分の人形を作りながら見せていきますが、力の加減が難しく「あっ、粘土がとれちゃった。」「ずれちゃったよ」とここもとっても苦戦ポイント。牛乳パックに粘土を詰めて割り箸をさして、土台を立てられるようにしてあるので、そこに立てながらつけたり、手に持ってつけたりそれぞれやりやすい方法を見つけながら、頑張っています。

続きを読む…

カテゴリー: 5歳児 タグ:

毎日がわくわく!すすむ人形作り

2012 年 11 月 16 日 ishihara Comments off

 この10日程の間に、年長組の人形作りはどんどん進み、更新がすっかり遅れてしまいました。急ぎ子どもたちに追いつきたいと思います。
さて、水に浸して寝かせた和紙を、いよいよ紙粘土にします。先生と一緒に和紙をギュッと絞り、ぽろぽろにほぐしていくのです。大人の手でもあの大量の和紙を絞るのは大変ですが、やる気満々の子どもたちです。手に力を込め、真っ赤にしながら絞りました。絞った和紙を、たらいの中でぽろぽろにしていきます。「ポップコーンみたい」「ごはんみたい」と言いながら、頭を突き合わせぽろぽろにしていきました。ここでうんと細かくしておくと、フノリと混ぜやすいのです。ぽろぽろぽろぽろ・・・最後まで熱心に手を動かしていました。 次は、フノリ(海藻の一種)をちぎりゆっくり溶かしていきます。固いフノリが徐々に変わっていく様子を、ひとりひとりかき混ぜながらじっくり観察しました。「なんかくさ~い」「へんなにおい」と言いながらもジャムのように柔らかくなっていく様子に驚いていました。

続きを読む…

カテゴリー: 5歳児 タグ:

大バザール大成功! ご協力ありがとうございました

2012 年 11 月 11 日 noto Comments off

子どものその大バザールは11月11日に開催され、たくさんの市民のみなさんに参加していただいて大成功を収めました。
22年間使用していた上福岡中央公園の会場を子どものそのに変え、保育生協と保育園が共同しておこなう初めての試みでした。遠い会場へ6台の観光バスと4台の園バスで送迎するというのも初めてです。
天候も心配でした。こうした主催側の心配を吹き飛ばすように、到着するバスから次々とお客さんがやってきました。自転車のお客さんもいっぱい。模擬店もフリーマーケットも大忙しでした。一日の売り上げは250万円を超えました。
前日のテントの設営、用具や商品の搬入、当日の後片付けなど、お父さんたちのボランティアですべてをこなしました。売り場を担当した保育生協の班や保育園のクラスのお父さん・お母さんにも事前から当日まで大奮闘していただきました。
みなさんの協力で、来年以降も園で大バザールを実施できる見通しができました。大バザールの収益は子どもたちのために大切に使わせていただきます。ありがとうございました。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

11日は大バザール 準備進む

2012 年 11 月 10 日 noto Comments off

 11日は天候がよさそうです。雨が降っても夜、もしかしたら朝から晴天の予報が出たので、「よし、やるぞ!」と、お父さんたちが朝からテント張りなどの準備にとりかかっています。
 駅前や街角から無料の送迎バスも出ますので、ぜひ伝統ある子どものその大バザールにお出かけ下さい。バスダイヤの詳しいことは、こちらをごらんください。
 こどものそのの大バザールは、安い、良質、良心的と好評をいただいています。今年も地域班やクラスの13のフリーマーケットが出ます。また、もちつき、やきそば、カレーライス、うどん、飲み物・食料品など模擬店も楽しみです。お子さんには「こどものひろば」もあります。親子で楽しい大バザールですよ。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

人形作りいよいよ始まる!

2012 年 11 月 5 日 ishihara Comments off

 10月末に人形劇の演目が決定し、どの組も張り切って報告に来てくれました。
演目は   
 らいおん組「おおかみと七匹のこやぎ(グリム童話)」
 きりん組  「さんまいのおふだ」
 ぞう組   「どろぼうがっこう」
 くま組   「三びきのやぎのがらがらどん(北欧民話)」
 です。その後、役決めに大いに悩むクラスもあったようですが、みんなでよくよく話し合い決まりました。そして、いよいよ人形作りの始まりです。
 人形の首と手の部分をハガキで作ります。古いはがきをくるくる丸めて自分の指に合わせるのですが、なかなか難しい。ぎゅっとしめると指が痛くなるし、ゆるゆるだと指がすぐに抜けてしまいます。四苦八苦しながらしめたりゆるめたりして、自分に合うものを作りました。
 次に、紙粘土作り。そのの人形は、市販の紙粘土ではなく、半紙を千切って作っていくのです。もう子どもたちは、真剣でそれはそれは丁寧に千切っていきました。その様子は・・・

続きを読む…

カテゴリー: 5歳児 タグ:

人形劇ミニ公演で年長組に“人形劇講座”も

2012 年 11 月 5 日 noto Comments off

10月31日(水)に、ちょうちょう組の部屋で、年長組に向けてミニ公演を行いました。
今回の公演は、年長組が人形劇にとり組むのに先立ち、先輩としての経験と知恵を伝えようと毎年行っているものです。
まず最初は、子どもたちの「人形劇がはじまるよ~!」の大きなかけ声と共に始まった、てぶくろ。
このてぶくろは、みんなが大好きで、色とりどりのてぶくろが出てくるだけで笑いがこぼれます。
続いて、リズムの「動物園へ行こう」と「アイアイ」。
遠足で、動物園に行ったばかりの年長組。動物がいっぱいのリズム、楽しんでくれたかな?

続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加, 5歳児 タグ: