アーカイブ

2013 年 3 月 のアーカイブ

大きくなったネ 6年生の集いに99人

2013 年 3 月 28 日 noto Comments off

6年生の集いが開かれた3月27日はあいにくの寒い小雨模様、でもこの日を楽しみにしていた卒園生は園バスに乗って続々と集まりました。
お母さんたちも2クラスの10数名が集まって久しぶりの親睦会です。同じ学校の友だちと連れ立って参加する子、一人ぼっちで手元無沙汰な子、でも、元のクラスに集まって先生と談笑しているうちに仲間関係が戻ってきたようです。
続きを読む…

カテゴリー: 卒園生 タグ:

金色の翼を広げ、君たちは新しい世界翔べ!…卒園のお祝い

2013 年 3 月 20 日 noto Comments off

穏やかな天気の3月20日、子どものその保育生活協同組合第47回卒園のお祝いと子どものその保育園第1回卒園のお祝いが、合同で行われました。昨年の反省を踏まえ、会場の向きを変え、保護者席のひな壇を3段に広げましたが、それを上回るたくさんのご家族がお祝いに参加し、ウッドデッキから見る方もいました。
実はこの一週間、年長組の子どもたちは次々インフルエンザB型に罹り、当日まで心配でした。しかし無事に全員参加し、能登理事長から一人ひとりしっかり卒園証書を受け取りました。
そこには「子どものそので、丈夫なからだと美しい心もった良い子どもに育ったしるし」と書かれています。

子どもたちは、元気な歌声で園生活の思い出をつづり、最後の「金色の翼」を歌い上げたとき、場内はお父さんお母さんたちの感動の涙に包まれました。
保育生協の卒園生は、今年で5928名となり、第1回目となる保育園からは、22名が翔びたちました。大きい組のみんな、ほんとうに卒園おめでとう


 

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

お父さんボランティアでアスレチック補修など

2013 年 3 月 10 日 noto Comments off

報告が遅くなりましたが、2月23日・24日の土日にかけて、お父さんのボランティアで年中組ウッドデッキの塗り替え作業とアスレチックの補修作業を行いました。
23日は好天だったので、年中組のウッドデッキの塗り替え作業は塗るそばから乾いていき、一日で上塗りまで終わりました。いまきれいになったベランダで子どもたちは給食を食べたり走り回って楽しく遊んでいます。
アスレチックの補修は、年中ランドへ登る斜めの大丸太の足掛けが傷んできたので、2本を丸ごと取り替えました。またゆらゆら橋の傷んだ丸太3本を新しい物に取り替えました。
続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

歩き遊び続けた道を辿って・・・おわかれ遠足

2013 年 3 月 7 日 ishihara Comments off

 「おわかれ」なんて寂しい名前の遠足ですが、実際はお母さんの手作り弁当を持って、一日かけての長~い散歩なので、たっぷり遊んで楽しんできました。
 これまでの寒さから一気に春らしくなり、とてもぽかぽかとした良いお天気でした。その証拠に土手で「つくし」が顔を出し、白いタンポポも見つけました。オオイヌノフグリやホトケノザなど春の草花が芽を出して咲いています。土手を歩きながら、ノビルが取れそうなところでは、座り込んで土を掘ってノビル採りつくし探しに夢中でした。(中略)福岡高校へ向かう途中深く大きなU字溝があり、先を行くくま組が入っているのを見て「入っていい?」 こういう探検コースみたいな所が大好きです。少しだけトンネルのようになっていて、「おっくらい!」と声を響かせながら楽しんでいます。
 福岡高校の前までくると、「あれ、そういえばここってきたことあるよね」 あたりー!!秋の遠足ごっこの時に来ました。「そういえば、網のところにつかまるんだよね」「ゆりあが、土の中にあしがうまっちゃったんだよね」「そうだ!もうゆりあは、どろどろのところにいかないからね」・・・いろいろ思い出しました。2度目のフェンス渡り。ぐっと金網をつかんで下にずり落ちないように体を支えるので、手が痛くなります。でも、みんな無事渡り切りました。なるみちゃんは「前の時は、泣いちゃったけどもう大丈夫だったよ」と自信満々。 続きを読む…

カテゴリー: 保育, 5歳児 タグ:

新しい春へ期待がふくらむ「つぼみのお祝い」 3月の誕生会

2013 年 3 月 4 日 takano Comments off

園庭の桜のつぼみが少しずつふくらんできたのが分かります。これからが楽しみな季節ですね。
年度最後の誕生会で、3月生まれの子どもたちは待ちに待ったことでしょう。
写真は年長組の「こぶたの学校(後編)」で2月の続きです。こぶたの一年生が、学校でいろんな失敗をしながら勉強しています。これから一年生になる年長組の子どもたちは、ヤギ先生の質問に一緒に考えながら、子ぶたたちを応援するような気持ちで劇を見つめていました。
他の年度の先生たちの出し物は、年少組「どろぼうがっこう」(劇)、年中組「たろうのともだち」(ペープサート)でした。       (特集記事)

カテゴリー: 保育 タグ:

さよならの代わりにありがとうでお別れ 卒園公演

2013 年 3 月 2 日 noto Comments off

卒園公演 「おばけのがっこうにきてください」
2月27日に、年長さんの卒園お祝い公演「おばけのがっこうにきてください」とリズムの「かっぱのまつり」と「鬼のパンツ」を上演しました。
最初のリズムで、かっぱたちが出てくるとみんな大喜び。たくさんの笑いに包まれました。鬼のパンツのリズミカルな動きに、楽しんでくれている様子が伝わってきましたよ。
つよし君が出てくると、絵本を読んで知っている子どもたちからは、「知ってる~!」という声が上がって、舞台にじっと集中していく様子が伝わってきました。
何をやってもダメなつよし君。そして、そんなつよし君を「すばらしい!」とほめたたえる校長先生。元気いっぱいのかわいいおばけの子どもたち。
そんなやり取りが面白かったのか、最後は「おばけの学校に入りたい~」なんていう声も聞こえて、そんな反応にびっくりしました。
最後まで、集中してみてくれた大きい組さん。さすがだね! たくさん、楽しんでくれたかな?
もうすぐ、そのを卒園して、1年生になる大きい組さん。小学校に行っても、元気いっぱいな1年生になってね!
(お母さん人形劇サークル 田端)
続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ: