アーカイブ

2014 年 6 月 のアーカイブ

カエルやザリガニも登場 誕生会「雨のお祝い」

2014 年 6 月 18 日 takano Comments off

A雨が降ったり、蒸し暑かったりとうっとうしい季節がやってきましたが、子どもたちはそれぞれの保育室で飼っているザリガニやカエルを触って楽しそうに遊んでいます。

A今回の誕生会は、そんなザリガニやカエルのお話です。写真は4,5歳児が合同で集まり、先生たちの劇「おたまじゃくしの101ちゃん」を観ているところです。カエルのお母さんとおたまじゃくしたちが、最初に遠足に行くシーンでは、子どもたちの観客席を一回り。お話の世界にすっぽりと入りこみました。          特集記事
続きを読む…

カテゴリー: 保育 タグ:

園児募集説明会のお知らせ

2014 年 6 月 14 日 noto Comments off

来年度の入園説明会を7月10日(木)午前10時(受付)で行います。
子どものそのは、豊かな自然環境を生かし、友だちと感動を共有しながら、しっかり自己主張ができ、友だちの意見も聞いて、人と深くかかわって生きる子どもをめざします。
入園希望の方は、説明会に必ずおいで下さい。
朝の自由遊びからごらんになりたい方は、早めにお越しください。駐車場は2か所ありますが、手狭ですので、なるべく自転車などでおいで下さい。どうしても自力では無理という方は、園バスでお迎えに上がりますので、7月7日(月)までに電話(☎262-2030)で申し込んで下さい。時間・場所は前日電話でお知らせします。【写真は畑のキュウリを収穫してクッキング保育に参加する3歳児】
詳細は募集のページこちらをごらんください。

カテゴリー: 保育 タグ:

お母さんの人形劇、楽しかったね

2014 年 6 月 8 日 noto Comments off

 6月4日、人形劇サークルのお母さんたちによる新学期公演が、ホールの舞台で行われました。
 3歳以下と4歳以上の2回公演、人形たちのリズムと劇「おおきなかぶ」の組み合わせで、とても素敵な舞台でした。全体がミュージカル風に仕立てられていて、テンポもよく、子どもたちはぐんぐん惹きつけらて観ていました。以下、年少組のクラス新聞から様子をお伝えします。
 前日から、「明日はホールでみんなが大好きなお話が見られるかもしれないよ」と伝えていました。お昼寝前の素話のリクエストNo.1の「おおきなかぶ」が人形劇だったので…。
 さて当日、「今日は人形劇を見に行くから朝の集まりするよ」と声をかけると、いつもよりちょっと早めに全員集合。ホールへ向かうと、花のアーチが出迎えてくれました。保育園の0歳児めだか組さんから年少さんまでがそろうと、人形劇の始まり!
続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加, 3歳児 タグ:

ようこそうさぎの広場へ。

2014 年 6 月 5 日 ishihara Comments off

 みなさん、お元気でしたか。そののまわりの田んぼにも水が入り、カエルの声もにぎやかになってきました。今年度のうさぎの広場がスタートしました。当日は、新しいお友だちがたくさん来てくれました。ヤギのメリーに草をあげたり、犬のしろちゃんに触ってみたりしていました。アスレチックやゆらゆら橋など、怖いながらにも挑戦。何度も行ったり来たりしながら、「できた!」ときの、いい笑顔。思わずにっこりしてしまいます。砂場では山作りや、ごちそう作りが盛んでした。次回は、6月17日(火)色水あそびを予定しています。先日お配りしたうさぎの広場通信で、日程に誤りがありました。申し訳ありませんでした。次回のうさぎの広場通信に、訂正を載せますのでよろしくお願いします。

カテゴリー: うさぎの広場 タグ:

暑さの中全員下山!頑張ったお父さんと子どもたち

2014 年 6 月 1 日 ishihara Comments off

 天気予報通り早朝からぐんぐん気温が上がり、集合場所の東武竹沢駅についたとき、太陽はじりじり照りつけていました。熱中症で倒れないように水分補給をまめにすることを再度確認して出発。官の倉山は、山道までの距離が3つの山の中では一番短いのですが、アスファルトの照り返しがすごく、年少組の子どもたちには厳しかったようです。泣いたり座り込んだり「だっこ」コールに、お父さんたちはこれからの道のりを考えため息だったと思います。でも、「野イチゴ探そう」「さわがにどこかな」と楽しみを話しながらなだめすかし何とか山道へ。さすがに山の中は涼しく「野イチゴはどれかな」と足取りも少し軽くなったと思ったら、胸を突くような上り坂が延々続きその後ガレキの鎖場。「うわ~これを上るのか!」とさすがのお父さんたちも子どもの体を支えつつ必死で登っていきました。でも、下りのガレキ場の方がもっと大変でしたね。樹の幹をつかみ自分が滑り落ちないようにしながら子どもたちを守りながら下っていきました。アップダウンを繰り返し官の倉の山頂でほっと一息。景色がきれいでしたね。最後の難関、お弁当の杉木立までまた急坂を降りていきます。もう声も出ないくらい踏ん張りながら下りていきました。何回目かのお父さんや年長児・小学生は余裕でしたが、初参加のお父さんと子どもたちは、びっくりの連続。でも最後までよく頑張りましたよ。涼しい林の中で食べるお弁当のおいしいこと。みんなニコニコでした。 続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ: