アーカイブ

2014 年 9 月 のアーカイブ

皆さんありがとう!会えてうれしかった!!・・・50周年記念の集い

2014 年 9 月 25 日 ishihara Comments off

 23日は、記念の集いにふさわしい秋晴れでしたね。本当に本当に大勢の方に訪れていただいて、懐かしい思い出話の花がいたるところで咲いていましたね。用意していた食べ物は、あっという間に売り切れ大慌てでした。これからどんどん人が来るというのに困った!でもそこはそのの給食室。予定外のジャガバターやフランクフルト、さらにソーメンまで出て・・・温度がぐんぐん上がっていたので、おいしかったですよ。それも長蛇の列であっという間でした。食べられなかったみなさん。ごめんなさい。こちらの予想をはるかに上回る人出となり、うれしいやら申し訳ないやらでした。
 ホールの企画は、初めに人形劇サークルの楽しいリズムです。これもホールに入りきらないほどたくさんの人が観に来てくれて、サークルのお母さんたちも感激していました。卒園生の近藤暁生さんによる歌のコンサートは観客と歌の掛け合いを楽しんだ後、じっくりすばらしい歌を聞かせてくれました。元担任だった職員たちは、その素晴らしさに涙涙でしたよ。ピアノ伴奏は、やはり卒園生のお母さんで、暁生君の師匠でもある福田さん。心に残るコンサートをありがとうございました。これも、子どものそのの50年の歴史の中で培われた素晴らしい感動の舞台でした。 続きを読む…

カテゴリー: 卒園生, 父母の参加 タグ:

秋の自然を感じながら「月のお祝い」(誕生会)

2014 年 9 月 17 日 takano Comments off

外はすっかり秋の空気に変わりました。まだ日によってはセミも鳴きますが、とんぼの姿もよく見かけます。そんな、季節の変わり目の誕生会。
写真は、年中組の「とんぼのうんどうかい」(ペープサート)です。
とんぼたちが運動会で風船割りをしている場面。みている子どもたちもいつ割れるのかと期待しつつ、ハラハラしながら耳を押さえています。 普段使っているホースがとんぼの綱引きで登場したり、ギャングこうもりはゴミ袋でとんぼを捕まえたり、身近にある素材が劇の道具に早変わり。そんな意外性も子どもたちの興味やイメージを広げます。

今回の誕生会の出し物は、年少組は「おつきさまってどんなあじ」のペープサート。年長組は「とべ、ばった」の人間劇でした。   (特集記事

カテゴリー: 保育 タグ:

9月23日は「その」へ行こう!50周年だよ

2014 年 9 月 9 日 noto Comments off

そのの園庭にたたずんで、いまはない古い園舎を思い浮かべる。…無認可の苦しみを乗り越えて、よくぞここまで生き延びてきた。
みなさん、ありがとうございました。その思いをこめて、9月23日、創立50周年の楽しい集いを開きます。
1964年のこの日、たくさんの父母が霞ヶ丘団地の集会所に集まって、子どものその保育生協を設立したのです。(写真は1970年5月25日撮影)
記念の集いは、午前10時から午後3時までです。つぎの行事内容をごらんくださって、お好きな時間においでいただければと存じます。上福岡駅東口とふじみ野駅東口から観光マイクロバスが園までピストン輸送をするほか園バスも市内の街角を巡回します。バスダイヤは園のお知らせをご覧になるか、そのまでお問い合わせ下さい。(電話262-2030または266-3332)

続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

お父さんだいすき!…笑顔はじけるお父さん参観

2014 年 9 月 8 日 ishihara Comments off

 9月7日はしとしと雨が降り寒いぐらいの天候でしたが、大勢のお父さんが遊びに来てくれて、子どもたちは大喜びでした。外で遊べないので保育室では、参観前から子どもたちとパワー全開で遊んでくれたてお父さんもいました。汗びっしょりで参観前に疲れてしまうのではないか心配するぐらい。でもお父さんたちは、元気いっぱいでしたね。各学年共通していたのは、お父さんとのふれあい遊びです。小さい子どもたちはもちろん喜ぶのですが、年長の子どもたちもお父さんにくすぐられて、大笑いしてましたね。お父さんたちの笑顔もすてきでした。
 年長組は、その後お父さんと一緒に木工に取り組み、木のおもちゃを作りました。前日にビールの王冠に釘で穴をあけ、セロテープで留めて車輪を作っていたのですが、最後に取り付けてひもで引っ張ると見事にコロコロ回る車を作りました。お父さんたちのお迎えを待つ間も、あちこち引っ張って歩いたようです。一緒に作った動くおもちゃ。よほどうれしかったのでしょうね。 続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

楽しくて美味しかったキャンプセミナー

2014 年 9 月 1 日 ishihara Comments off

 今日から2学期が始まりましたが、夏休みはいかがお過ごしでしたか。8月23日から24日に行われた秩父市「山逢いの里キャンプ場」ではたくさんの家族が参加して楽しい夏の思い出を作りました。今年は途中雨予報が出ていたのですが、ほとんど降らず天気に恵まれました。午後1時からの開村式を挟んで、家族みんなで協力してテントをたてました。汗びっしょりになりましたがこの後はお待ちかねの川遊びです。昨年は水不足で川遊びに制限があったのですが、今年は水量も多く堰の所ではすべるように流されるのを楽しむ子どもたちがたくさんいました。また、流れの穏やかなところには小魚が泳いでいて、お父さんと協力して捕まえた子もいましたよ。上流に行くと2mぐらいの深さのところに大きな岩が突き出ています。初めは、怖くてなかなか飛び込めず下の低いところから飛び込んでいたのですが、慣れてくるとだんだん上に登り、最後は一番高いところから飛び込める度胸のある子も出てきました。もちろん岩場と水中には遊ぼう委員のお父さんが待機して安全に配慮しました。
 夕方からは、各班ごとに夕食作りです。メニューも多彩ですが、今年は原点に戻って飯盒でご飯を炊く班が多く、しかもおいしく炊けたようで感心しました。 続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ: