アーカイブ

2015 年 3 月 のアーカイブ

暖かな「その」の卒園のお祝い 最後の49回

2015 年 3 月 21 日 noto Comments off

 子どものその第49回と保育園第3回の卒園のお祝いは、春浅く肌寒い陽気の中で、3月21日に行われました。
 保育生協のらいおん組、ぞう組、保育園のきりん組の子どもたちは、ご家族と職員の見守る中、しっかりと保育証書を受け取り、誇らかに掲げて会場を一周、参加者の暖かな拍手を浴びました。創立以来の卒園生は、保育生協、保育園併せて延べ6,126人に達しました。
 直前の3月18日、埼玉県から幼穂連携型認定子ども園の認可が決定したと連絡があった直後のお祝いです。来年は「認定子ども園第1回卒園のお祝い」になるはずです。能登理事長はお祝いのあいさつの中で「第1回の後に(通算50回)と書きたい。そのの50年の歴史で創り上げた保育内容を守り通します」と述べました。

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

”ありがとうでお別れ”人形劇サークル公演

2015 年 3 月 4 日 noto Comments off

 人形劇サークルのお別れ公演が3月4日、子どものそのホールの舞台で開催されました。
 最初は、0歳児から年中組までの小さい組を対象に、人形たちのリズムと「赤ずきん」の劇でした。2回目の舞台は、大きい組と一般の父母たちが参加しました。リズムと「赤ずきん」の劇が終わった後、サークルのお母さんたちから「さよならの代わりに、ありがとうでお別れ」の歌のプレゼントがありました。そして、これが最後の年長組は手作りの素晴らしい人形たちと触れ合ってお別れをしました。見学のお母さんたちは、サークルのお母さんたちの熱演と子どもたちを想う温かい気持ちに感動して目頭を熱くしていました。
続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

今年度最後の誕生会 つぼみのお祝い

2015 年 3 月 3 日 takano Comments off

A季節が少し進んで、日差しが暖かく感じるようになりました。草花や木々のつぼみもよく見ると膨らんできています。
今月の誕生会は「つぼみのお祝い」です。3月生まれの子どもたちはずっと自分の出番を待っていたのですから、みんなのお祝いの歌や先生たちの演技にも力が入りました。
A写真は、4歳5歳の担任の先生が合同で演じた「どろぼう学校」です。もともと個性的なキャラクターの登場人物ですが、そこに先生たちの個性が加わって、楽しい劇になりました。生徒たちが学校の宿題でどろぼうをしてくる場面では、何とヤギのメリーも登場し、みんなびっくりというか、大喜びでした。2,3歳の誕生会では、「どうぞのいす」の人間劇で、こちらはほんわかとした温かい劇でした。    
特集記事はこちら

カテゴリー: 保育 タグ: