アーカイブ

2017 年 1 月 のアーカイブ

熱いぜ!お父さんと遊ぼう冬のあそび

2017 年 1 月 23 日 takano Comments off

冬の一日、凧揚げ、どてすべり、こま回しなど、昔のあそびを満喫しました。大勢のお父さんに子ども、卒園生やお母さんも参加して楽しみました。
渋井神社の前の土手には、写真のようにたくさんの凧が揚がりました。でも気まぐれな風なので、ピタッと風がやむことも。でも、みんな用意がよくて、土手すべりに切り替えて土手を登ったり降りたり。お父さんにはいい運動になりましたね。
たくさんあそんで、園に帰るとおいしいトン汁が待っていました。これも理事のお父さんたちの手作りです。それを食べると、また元気が出て、こまの練習が始まりました。
こまの長生き競争は在園児から始まり、みんなで一斉に「ちっちーのちっ!」と投げると、20個以上の駒が回り始めます。こま同士がぶつかったり、板の隙間に落ちたりすると、「あーそっちはだめだめ」とか周りの大人から声がでます。(やっている子どもは静かです)だんだんと生き残っているこまの数が減り、残り3個ぐらいになると、「どっちだどっちだー」とさらに真剣になります。
周りで観ている大人がだんだん熱くなってきて「がんばれー」「板を踏んだらだめー」とか叫んでいます。やっぱり練習を重ねている年長さんは強い。でも、年少の子どもたちも負けずにチャレンジしています。そこが異年齢集団のいいところ。そうやって腕が磨かれていきます。最後は勝ち残った年長組3人が決勝戦に進みました。決勝戦もハラハラドキドキのいい勝負でした。
そのあとは、大人と小学生の入り混じった長生き競争。これも真剣勝負。最後まで勝ち残ると思わず、ガッツポーズがでます。
そして、最後はベイゴマ大会。こちらは園児も大人も一緒の勝負。今年は在園児でも回せる子が多くて、大健闘していました。最後に勝ち残ったのは、小学生3名とお母さん1名。(あれ?お父さんがいないぞ!)そして最後に笑ったのは・・・。 続きを読む…

カテゴリー: 父母の参加 タグ: