ホーム > 父母の参加 > 運動会、明日に延期します

運動会、明日に延期します

2012 年 10 月 7 日 noto

園庭の整備を朝からしていましたが、雨は昼ごろにまた強くなると予報されましたので、今日は中止にします。
明日は「体育の日」で休日なので、明日に順延します。
役員の方は、大変ですが、明日よろしくお願いします。



カテゴリー: 父母の参加 タグ:
  1. らび
    2012 年 10 月 7 日 10:43 | #1

    7時半に園庭に行くと、職員理事の皆さんが、雑巾で水を吸い取っていました。
    で、その後延期の決定。只今10時を過ぎましたが、未だ雨やまず。延期の判断は正解でしたね。
    皆さん、明日もお弁当作り頑張りましょう。
    明日、突発有休頑張って取りましょう。取れる人は。。。

  2. ひろきちパパ
    2012 年 10 月 7 日 23:35 | #2

    職員、理事の皆様、雨の中のご準備大変お疲れ様でした。
    私の住む町はそのの園庭に分けてあげたいくらいの秋晴れでしたのでなんともいえないです。
    皆さんの願いが通じているのか明日のふじみ野の予報は晴れのようですので、一日遅れとなりますが、運動会の大成功を願っております。

  3. 平田昭彦
    2012 年 10 月 8 日 22:30 | #3

    運動会順延の決断,もっと早くして欲しかったです。
    7時30分の時点で何の連絡もなく,早バスの子どもの中には,すでに登園してしまった子もいたと聴きました。お弁当の準備で,各家庭に負担もかけてしまっているはずです。
    各家庭には,「その」だから仕方ないよね~という雰囲気があるかもしれませんが,その意味がわかりません。今後このことに対する,そのからの弁明,改善案の提示など,あってしかるべきと考えます。

  4. ももちち
    2012 年 10 月 10 日 23:01 | #4

     まずは、理事さん、先生方、そして参加された皆さん、お疲れさまでした。
     保育生協と保育園合同での初めての運動会。順延になってしまったことも併せて、例年以上に準備も大変だったのではないかと思います。
     おかげさまで、今年も楽しい運動会になったと思います。ありがとうございました。
     プログラムは、はん登棒がなくなったのは、やっぱり少し残念でしたけれど、その代わり、0歳児、1歳児の種目が入ったのは新鮮で、ほほえましい感じがしました。

     さて、今回の順延の決定については、色々な思いの方がいらっしゃることと思います。
     我が家では、ギリギリまで待って、どうやら決行らしいという情報を得て、お弁当に取りかかったところで中止の情報が入ったため、「えーっ! ウィンナーゆでちゃったよー!」なんて悲鳴を上げていました。

     でも、結果的に順延の判断は間違っていなかったと思います。
     また、特に今年は保育生協と保育園、初めての合同運動会ということで、理事さんや先生方にとっても、開催可否の判断には頭を悩ませたことと思います。

     忙しいご家庭、そのの園風に慣れていないご家庭もあるからこそ、できれば予定通りの日程で開催したい。さりとて、0歳児、1歳児も参加する以上、荒天の見込みが大きくなれば、強行するわけにもいかない。
     そこで、当初は決行の方向でいたものの、荒天の見込が大きくなったことを受けて、一転、順延を決断することにした。
     天気予報とにらめっこしながらの、難しい決断だったのではないかと思います。

     私は、そんな風に想像してみました。

     今回は、当日の朝の時点でも、本当に微妙な天気予報でしたし、仕方がなかったんじゃないかな~と思ってしまいます。

     勝手に改善案を挙げるならば、今回は天候が非常に怪しい中で、各ご家庭、ヤキモキされていたと思うので、例えば、次の1~3のようなプロセスにしてはどうかと思います。
    1.朝7時の時点で開催の可否を決定する。
    2.各家庭で判断に迷うと思われる天候の場合には、朝7時の決定後、すみやかに連絡網で周知する。
    (起点となる各クラス委員等へは、一斉メールで周知できてしまえば、事務局の負担も少ないと思います。)。
    3.7時の決定後、天候の変化があった場合、順延と決定した場合は、そのまま順延でよいと思いますが、決行と決定した後で天候が悪化したような場合は、急きょ順延とすることもやむを得ないと思います。
     その場合、順延に変更することを決めた時点で、あらためて、すみやかに連絡網で周知する。

     ――――他にも色々なことが考えられると思います。
     我々保護者も当事者なのですから、改善すべき点があるとすれば、そのに一方的に責任を押し付けるのではなく、どんな風にしたら、より良くなるのか一生懸命考えてみたり、色んな意見やアイデアを出し合ったりできるとよいのではないかなあ、と思います。

     ・・・最後に、これはそれこそ余計な話になってしまいますけれど、子供たちがずっと楽しみにしてきた運動会です。
     順延になってしまって、お弁当も作ってしまっていたりしたら、負担だと思う気持ちをまずは親が切り替えて、お弁当をお昼に食べながら、「今日のお昼は運動会の予行だね。明日は晴れるといいね」なんて風に、子どもたちと楽しめてしまうと、お弁当一食作る手間の分くらいは、報われるんじゃないかと思います。

  5. らび
    2012 年 10 月 14 日 16:58 | #5

    無事の運動会良かったですね。一日延期になりましたが晴天の中楽しい運動会でした。

    最初のコメントでも書きましたが、日曜日7時半に、そのにお手伝いに行ったのですが、そこで見かけたのはあくまでも開催準備を進めている先生や理事さん(普通のお父さんたち)の姿でした。降り続く中園庭に溜まっている水を一生懸命絞っている姿でした。出来れば、予定通り日曜日に実施したいという気持ちからでしょう。

    そのへの道すがら見ていた予想は、早朝には雨が上がるという予報でした。
    なので延期判断を聞いた時には疑問を持っていました。9時は遅くても上がるだろう。
    しかし、7時過ぎの予想でこれから雨雲が2つほど通過すると聞いて本当に?朝の天気予報と違うじゃん。。。。。
    最初は、開始を1時間くらいずらしても日曜日の決行をと思っていました。なぜなら、月曜日になると来られなくなく父母がいるからです。お弁当のことよりこちらのほうが子どもには大きな問題です。
    普段日曜日仕事の方もいるでしょう。そのような方は子どものため休みをとっています。で、月曜日に追加休み? 取れるかどうかは分かりませんよね。
    しかし、雨雲が午前中にかけてこれから2つも通過すると言われては、早朝の予想で決行するより延期の判断に納得しました。月曜日仕事だった方がいらしたかもしれませんが、多分それから仕事の調整をして追加休みを子どものために取ってくれたことでしょう。

    ”ももちち”さんのように、多くのご家庭で一声かけて月曜日へモチベーション維持して頂いたおかけで、先生たちも心配していたようなことにはならなかったと思います、月曜日の子どもたちの取り組みを見ていたら。

    雨雲の情報が無い時点で、決行判断をしてそのまま決行することより、子どもを中心に考えて延期の判断が大人の判断と思います。私はこの判断に改善点をいうつもりはありません。逆に延期してくれてありがとうと言いたいです。

    ご家庭の苦労もあるでしょうが、子どもを中心に考えて組合員・先生・園のみんなで取り組むことが大切なんだなと感じました。そのだから仕方ないではなく、そのだからこそ適切な判断だったと思います。

    改めて保育生協は組合員の一つ一つの前向きな協力のもと成り立っている事を実感しました。

    ほのぼのとしたゼロ歳児のハイハイから。迫力のあふれる年長さんのリレー、そのの子どもたちのの伸び伸びと真っ直ぐな取り組みに感じ入りました。そして盛り上げてくれたドリームチーム、来年も楽しみにしています。

    最期に、、、カメラ・ビデオ中止にできないのかなと思っています。
    目で見て、声で応戦して。拍手で讃えて、そして心で感動する。
    それを、「頑張ったね〜。すごかったね〜。」と子どもに伝える。
    小学校に上がると、拍手がない運動会にビックリします。
    拍手がない静かな運動会で子どもたちはやる気ですのか危惧しています。

コメントは受け付けていません。