大河ドラマのストーリー 2歳児

2009 年 7 月 28 日
自我の芽生えを大切に(2歳児の特徴)
おとなの真似をして、なんでも自分でやってみたい
のです。家庭ではなかなかオムツが取れなかったのに、入園するとじきにできるようになるのは、真似する友だちがいるからでしょう。この時期は、まだあまりよくできないくせに、「イヤッ」を連発させながら「自分で」「自分で」とがんばっているんです。「これなあに?」「これは?」と猛烈な勢いで言葉を獲得していきます。もう自由に歩き、走るのも大好きになりました。でもまだ目的まで一気に走りぬくことはできません。追いかけっこをしたり、散歩にいったりして全身運動の発達を図るのが大切です。ていねいに面倒をみて、しっかり食べ、昼寝もして、快適な生活の中で、お母さんや先生に甘えながら自立への第一歩を歩ませたいですね。

mohou

自我の芽生えを大切に(2歳児の特徴)

sanpo-1
おとなの真似をして、なんでも自分でやってみたい
家庭ではなかなかオムツが取れなかったのに、入園するとじきにできるようになるのは、真似する友だちがいるからでしょう。この時期は、まだあまりよくできないくせに、「イヤッ」を連発させながら「自分で」「自分で」とがんばっているんです。「これなあに?」「これは?」と猛烈な勢いで言葉を獲得していきます。もう自由に歩き、走るのも大好きになりました。でもまだ目的まで一気に走りぬくことはできません。追いかけっこをしたり、散歩にいったりして全身運動の発達を図るのが大切です。ていねいに面倒をみて、しっかり食べ、昼寝もして、快適な生活の中で、お母さんや先生に甘えながら自立への第一歩を歩ませたいですね。

私たちの大河ドラマ(2歳児の巻)

月 の ね ら い 指  導  の  重  点
一学期
4月 新しい環境に慣れる
  • クラスの先生と仲良しになる
  • 身の回りのことや遊びを先生と一緒に
5月 心を開放して遊べるようにする
  • 気持ちを開放できる遊びをいっぱいする(砂、どろ、水あそび、新聞破り)
  • 身の回りのことを先生や友だちとする
6月 心を開放していっぱい遊べるようにする
  • 砂、水、どろ。小麦粉ねんど、ごっこ遊び
  • 給食やおやつの前に手を洗う。給食を座って食べる。おはよう、さようなら、いただきます、などが言えるように
7月 楽しい遊びをたくさんやり、夢中になって遊ぶ
  • 色水遊び、プール遊び、フィンガーペインティング、七夕飾り、みたて・つもり遊び
  • 給食を座って食べる、パンツ、ズボン,Tシャツを自分で、「いれて」「かして」が言えるように、トイレでおしっこできるように
二学期
9月 生といっしょに楽しく遊べるようにする
  • いろいろなみたて・つもり遊びを先生といっしょにする
  • 「かして」「いれて」「いやだ」などの言葉言えるようにする
10月 先生といっしょに友だちと同じ遊びを楽しむ
  • まてまて遊び、散歩、リズムなど全身運動を友だちと一緒に楽しむ
  • 生活習慣や約束事を先生や友だちと一緒にする
11月 みんなで遊ぶ楽しさを知る
  • みたて、つもり、まてまて遊びなど、先生や友だちと一緒に楽しむ
  • 遊びに入るてだてや仲間を受け入れるてだてが分かり「いれて」「いいよ」「いやだ」など言葉で言えるようにする
12月 薄着になれ、外で元気に遊ぶ
  • みたて、つもり遊びから「ごっこ遊び」へ、先生が入って発展させる
  • みんなで外で走り回って遊ぶ
三学期
1月 友だちを意識しながら喜んで遊ぶ
  • わらべうたあそびなど、手をつないで遊ぶ
  • かるた、たこあげ、こまなど、新しい遊びを楽しみながら、気持ちを言葉で言えるようにする
2月 先生と描く、作る楽しさを味わう
  • 雑材工作、はさみとのり、マジック画、絵の具のぬたくりなどを楽しんでする
  • 土手の上り下り、芝滑り、園庭の遊具などで遊ぶ
3月 進級の喜びを持って友だちと活発に遊ぶ
  • 遊びの中で自分の気持ち(「ほしいな」「いやだよ」「いっしょに遊びたい」など)が言葉で言える
  • 大きい組の部屋を飾り、花吹雪で送る

コメントは受け付けていません。