保育内容の特徴

2009 年 7 月 28 日
保育の五つの重点
1自然と遊ぶ
草花をつんだり、カエルやバッタ、カマキリを採ったりして遊びます。あるがままの豊かな自然を満喫するだけでなく、ウサギややぎ、かめ、ザリガニなどの飼育、畑づくりなど、自然と能動的にかかわって活動します。
2友だちと遊ぶ
友達とぶつかり合って遊び、ケンカをしたり、意気投合したりしながら、友だちと遊ぶ楽しさを知り、自己主張できる強さ、人の気持ちの分かるやさしさ、豊かな人格と社会性を養います。
3手指を使って遊ぶ
はさみやのりを使った活動などだけでなく、砂場遊びやどろだんごづくり、虫とりや草花遊びなど、あらゆる機会に意図的に手指を使って遊びます。道具を使いこなす器用な手指を育てるとともに、活発に働く大脳を育てます。
4絵本の読み聞かせ
子どものその文庫を活用し、園でも家庭でも絵本の読み聞かせを大切にします。読んでもらう楽しさ、絵本のおもしろさを通して、想像力を伸ばし、美しい心を育てます。いま、将来の読書力が育っています。
5おいしい給食
自家製の温かくおいしい給食で、食べること大好きの子どもを育てます。みんなで食べれば偏食もなくなるよ。有害な添加物・冷凍食品は使いません。

子どもの可能性

どんな道を歩むのか,子どもたちの将来はまだ決まっていません。どんな道を進んでもいいように人間の基礎をつくるのが幼児期です。英語が話せる、ピアノが上手といった部分的な能力でなく、心とからだとの全面的な発達を図らなければなりません。幼児期は自分で直接体験しながら、いろんな力を身につけていきます。自然と深くかかわって遊ぶこと、すばらしい仲間といっしょに生活すること、しっかりした保育方針とセンスのいい先生に恵まれることが大切ですね。

保育の五つの重点

kawa1 自然と遊ぶ
草花をつんだり、カエルやバッタ、カマキリを採ったりして遊びます。あるがままの豊かな自然を満喫するだけでなく、ウサギややぎ、かめ、ザリガニなどの飼育、畑づくりなど、自然と能動的にかかわって活動します。

2 友だちと遊ぶ
友達とぶつかり合って遊び、ケンカをしたり、意気投合したりしながら、友だちと遊ぶ楽しさを知り、自己主張できる強さ、人の気持ちの分かるやさしさ、豊かな人格と社会性を養います。

3 手指を使って遊ぶ
はさみやのりを使った活動などだけでなく、砂場遊びやどろだんごづくり、虫とりや草花遊びなど、あらゆる機会に意図的に手指を使って遊びます。道具を使いこなす器用な手指を育てるとともに、活発に働く大脳を育てます。

ehon4 絵本の読み聞かせ
子どものその文庫を活用し、園でも家庭でも絵本の読み聞かせを大切にします。読んでもらう楽しさ、絵本のおもしろさを通して、想像力を伸ばし、美しい心を育てます。いま、将来の読書力が育っています。

5 おいしい給食
自家製の温かくおいしい給食で、食べること大好きの子どもを育てます。みんなで食べれば偏食もなくなるよ。有害な添加物・冷凍食品は使いません。

コメントは受け付けていません。