子どもの気持ちに寄り添って遊ぶ

2009 年 7 月 12 日
お父さん参観での能登理事長の発言要旨
ひよこ組のけいたくんは、おもちゃの受話器を耳に当て「もしもし、うん、うん、あっはっは…」と豪快に笑っています。まねっこ、見たて遊び、つもり遊びが大好きです。こうじくんは家から油蝉を持ってきました。なのはちゃんが「あら、死んでる、かわいそう」というと、「いいの」ときつく言って、こうじくんは別の遊びを始めました。「かわいそうでもいいの?」となのはちゃん、「いいの!」とこうじくん。
この子たちに共通しているのは「かわいい」ということです。でも何と個性的なことか!子どもはこの個性をどう磨き豊かにしていくのでしょうか。文字を知らない幼児は、人と人とのつながりの中で、つまり生活の中で体験しながら、まわりの世界を認識し、自分の中に取り込んでいきます。豊かな生活体験を保障する人間関係、親、先生、友だちが大事ですね。そして、こうした大切な体験、生活の主な形は「あそび」です。
「遊びをせんとや生まれけむ」
後白河法王編纂の「梁塵秘抄」は「子どもの遊ぶ声を聞くと、身も心も揺さぶられる」と歌いました。しかし、いま街角に子どもの遊ぶ声はありません。子守りをさせられながら、ガキ大将と群れをなして遊び、面白いことも危ないことも、物事の手加減も覚えた遊び集団は、姿を消しました。入園前の子どもは親の完璧な管理のもと、お利口さんだけど遊べない子に育っています。すみれ組の1学期のまとめを見ると、洋服が汚れるのを気にして遊べない子には「着替えがあるから大丈夫だよ」と、その子に寄り添い、不安な気持ちを受け止めて、言葉で見とおしを示して、安心して遊べるように配慮しました。水遊びなど、みんなと一緒に遊べる子とは思い切って遊び、ときには一人一人に寄り添って誘い込み、それでも入らない子には、その子の好きな遊びを見つけて、先生も一緒に遊びました。
夢中に遊んで、子どもの心を捉える
遊べる子どもにするためにも、先生が先だって遊び、子どもに信頼されなければなりません。年中組では先生の姿勢について月ごとに目標を決めました。4月=やさしい先生。5月=おもしろい先生。6月=びしょぬれの先生。
年中組(4歳児)は悩みの多い時期です。いろいろ見えてきて、やりたいことはいっぱいだが、自分の思うようにはできなくて、不安だったり苛立ったりします。それだけに心を開いて遊べる友だち、信頼して頼れる先生が大切ですね。

お父さん参観での能登理事長の発言要旨

kodomo.jpgひよこ組のけいたくんは、おもちゃの受話器を耳に当て「もしもし、うん、うん、あっはっは…」と豪快に笑っています。まねっこ、見たて遊び、つもり遊びが大好きです。こうじくんは家から油蝉を持ってきました。なのはちゃんが「あら、死んでる、かわいそう」というと、「いいの」ときつく言って、こうじくんは別の遊びを始めました。「かわいそうでもいいの?」となのはちゃん、「いいの!」とこうじくん。

この子たちに共通しているのは「かわいい」ということです。でも何と個性的なことか!子どもはこの個性をどう磨き豊かにしていくのでしょうか。文字を知らない幼児は、人と人とのつながりの中で、つまり生活の中で体験しながら、まわりの世界を認識し、自分の中に取り込んでいきます。豊かな生活体験を保障する人間関係、親、先生、友だちが大事ですね。そして、こうした大切な体験、生活の主な形は「あそび」です。

「遊びをせんとや生まれけむ」

後白河法王編纂の「梁塵秘抄」は「子どもの遊ぶ声を聞くと、身も心も揺さぶられる」と歌いました。しかし、いま街角に子どもの遊ぶ声はありません。子守りをさせられながら、ガキ大将と群れをなして遊び、面白いことも危ないことも、物事の手加減も覚えた遊び集団は、姿を消しました。入園前の子どもは親の完璧な管理のもと、お利口さんだけど遊べない子に育っています。すみれ組の1学期のまとめを見ると、洋服が汚れるのを気にして遊べない子には「着替えがあるから大丈夫だよ」と、その子に寄り添い、不安な気持ちを受け止めて、言葉で見とおしを示して、安心して遊べるように配慮しました。水遊びなど、みんなと一緒に遊べる子とは思い切って遊び、ときには一人一人に寄り添って誘い込み、それでも入らない子には、その子の好きな遊びを見つけて、先生も一緒に遊びました。

夢中に遊んで、子どもの心を捉える

遊べる子どもにするためにも、先生が先だって遊び、子どもに信頼されなければなりません。年中組では先生の姿勢について月ごとに目標を決めました。4月=やさしい先生。5月=おもしろい先生。6月=びしょぬれの先生。

年中組(4歳児)は悩みの多い時期です。いろいろ見えてきて、やりたいことはいっぱいだが、自分の思うようにはできなくて、不安だったり苛立ったりします。それだけに心を開いて遊べる友だち、信頼して頼れる先生が大切ですね。

コメントは受け付けていません。