人間らしく人を愛して生きる力を

2009 年 7 月 13 日
6年生の集いで 能登理事長
元気な顔を見せてくれて、ありがとう。みんなが卒園して6年経ちました。
そのにいるときは、毎日毎日よく遊びました。よその幼稚園では字を習ったり、英語を習ったりしていたけれど、そのではそういう勉強はしないで、遊んでばかりいました。何故遊んでばかりいたのでしょうか。
それは先生たちが、幼児期は遊びの中でこそ「生きる力」を獲得することができると考えたからです。「生きる力」とは何か。それについて私たちは3つの要素でとらえていました。 その第一は、旺盛な知識欲です。新しい知識を獲得する喜びがいきる力になる。君たちは散歩に行って花を摘んだり、虫を捕って遊んだりしながら、いつも「発見」の感動を味わい、意欲を育てたのです。
第二は、やり遂げた感動をくり返し体験し、自信を育てることです。跳び箱の練習、人形劇のとりくみ、がんばって課題をやり遂げ、「やったァ!」という感動を体験することが、君たちの自信になっていったと思います。
第三に、友だちとケンカをしたり、共感したりしながら、仲間を愛し、愛されて生きる喜びを育みました。
このように、旺盛な知識欲、自信、人を愛する心を、遊びの中で身体で会得するというのが「その」の教育の基本でした。
君たちは今、中学生になろうとしています。中学の生活の中で生きる力を獲得するというのはどういうことだろうか。
学習を通して新しい知識を獲得する。学習や部活などの課題をやり遂げ、根気や集中力に支えられた自信を獲得する。友だちと深く交わり、協同の喜びを知る。…このように考えると、本質は「その」にいたときと同じではありませんか。
ただ「その」にいたときより、はるかに高いレベルでそれをやるということです。私は、そのでその原体験をした君たちだからこそ、充実した中学生活を送ることができると確信しています。ときどきは遊びに来て、元気な姿を見せて下さい。
(2001年3月26日、6年生の集いでのあいさつの要旨です。子どもたちは静かに真剣に話を聞いてくれました。素直で、かしこい子どもに育っているのを実感しました。)
6年生の集いで 能登理事長
——————————————————————-

 

6nen元気な顔を見せてくれて、ありがとう。みんなが卒園して6年経ちました。

そのにいるときは、毎日毎日よく遊びました。よその幼稚園では字を習ったり、英語を習ったりしていたけれど、そのではそういう勉強はしないで、遊んでばかりいました。何故遊んでばかりいたのでしょうか。
それは先生たちが、幼児期は遊びの中でこそ「生きる力」を獲得することができると考えたからです。「生きる力」とは何か。それについて私たちは3つの要素でとらえていました。 その第一は、旺盛な知識欲です。新しい知識を獲得する喜びがいきる力になる。君たちは散歩に行って花を摘んだり、虫を捕って遊んだりしながら、いつも「発見」の感動を味わい、意欲を育てたのです。
第二は、やり遂げた感動をくり返し体験し、自信を育てることです。跳び箱の練習、人形劇のとりくみ、がんばって課題をやり遂げ、「やったァ!」という感動を体験することが、君たちの自信になっていったと思います。
第三に、友だちとケンカをしたり、共感したりしながら、仲間を愛し、愛されて生きる喜びを育みました。

このように、旺盛な知識欲、自信、人を愛する心を、遊びの中で身体で会得するというのが「その」の教育の基本でした。

君たちは今、中学生になろうとしています。中学の生活の中で生きる力を獲得するというのはどういうことだろうか。
学習を通して新しい知識を獲得する。学習や部活などの課題をやり遂げ、根気や集中力に支えられた自信を獲得する。友だちと深く交わり、協同の喜びを知る。…このように考えると、本質は「その」にいたときと同じではありませんか。

ただ「その」にいたときより、はるかに高いレベルでそれをやるということです。私は、そのでその原体験をした君たちだからこそ、充実した中学生活を送ることができると確信しています。ときどきは遊びに来て、元気な姿を見せて下さい。

(2001年3月26日、6年生の集いでのあいさつの要旨です。子どもたちは静かに真剣に話を聞いてくれました。素直で、かしこい子どもに育っているのを実感しました。)
コメントは受け付けていません。