作って食べて、美味しいね!(11月のメリーの会)

2016 年 11 月 26 日 ishihara コメントはありません

 11月のメリーの会(卒園生対象事業のことをメリーの会と言います)は、作って食べる企画2本です。
たまには、大人向けの企画もやろうよということで、11月15日〈火)に子どものそのの給食室から山中志穂さんを招いて講師になってもらい、
子どもたちの大好きな給食メニューを作って食べよう会を開催しました。平日の午前ということもあり参加者は7名のお母さんたち。いろいろ話しながら楽しく調理。メニューは、大豆ナゲットにもやしとほうれん草のナムル、カジキのみそマヨ焼きという新しいメニューです。「料理が苦手で」というお母さんもいましたが、いえいえ皆さんお上手でおいしくできました。食べながらまた話が弾み、準備から片づけまでの2時間余りはあっという間でした。
 11月20日の日曜日は「手打ちうどんを作ろう会」です。11家族33名が参加。講師の小泉さんの指導の下、みんなこねたり、踏んだり、またこねたり・・・。とにかく力仕事です。踏むときは、子どもたちを重石代わりにおんぶしてぎゅっぎゅっ踏みます。それをめん棒で伸ばすのですが、これがまた大変。なかなか伸びないのです。子どもたちも頑張りましたが、最後はお父さんお母さんの力技でしたね。伸ばしたうどんをたたみ、専用の包丁で切ると気分はそば職人。最後に茹でる時はかまどでお湯を沸かし、その中へ。ゆでたてを水でさっと洗い、薬味と麺つゆでいただきました。茹でた千切り大根も添えていただきます!苦労した分こしのあるうどんにみなさん顔がほころびます。大変だったけど美味しかったですね。12月は4日(日曜日)に「人形劇を観よう、作ろう会」を子どものそので行います。お母さんサークルの懐かしい人形劇を観た後、紙人形を作り実際に舞台で動かして演じてみようという会です。ぜひ遊びに来てください。参加希望の方は、mery@sono.ed.jp のアドレスにメールで申し込んでください。

カテゴリー: 卒園生 タグ:

雨のため運動会の午後の部は中止です。

2016 年 10 月 8 日 ishihara Comments off

みんなで楽しみにしていた運動会。小雨交じりの中行いました。しかし雨はひどくなるばかりなので一部の競技を中止し年長のソーラン節で終了しました。午後の卒園生や大人、未就園児の競技は中止させていただきます。残念ですが、ご理解のほどよろしくお願いします。

カテゴリー: 卒園生, 父母の参加 タグ:

懐かしいみんなと一緒に登った官の倉山・・・頑張りました!

2016 年 9 月 26 日 ishihara Comments off

 9月25日に卒園生対象事業委員会(通称メリーの会といいます)主催の山登りがありました。カッパの会から案内を配信していただきましたが、急なことだったので、参加者は17世帯48人でした。場所は小川町の官の倉山。東武竹沢駅をはさんで金勝山と反対側にあります。在園中お父さんと一緒に登った子もいますが、お母さんたちは初参加の方も多かったようで、頂上近くの急ながれきの山道に驚いていました。
 前日の雨の影響を心配しましたが、登りの山道は思ったほど滑ることなく進み頂上で思い思いに写真を撮った後、下って杉木立のなかでお弁当です。
『お父さんと遊ぼう山登り』ではびっしり人、人、人・・・ですが、今回はゆったり食べられましたね。
さて帰り道。台風の影響で倒木が多くあり、山道も結構えぐれていて、いつも以上の足場の悪い下りとなりました。それでも小学生たちは元気いっぱい。ひょいひょいと下っていきます。運動不足の大人のほうがきつかったですね。筋肉痛が翌日に持ち越した方もいたのではないでしょうか。それでも歩きながらいろんなお子さんたちの近況が聞けて楽しかったです。新緑の頃の山登りと違い、緑が深い山道。アスファルトの道は日差しが強いのですが、風はやはり秋の風で涼しく、季節の違いを感じました。懐かしい里山の風景を眺めながら帰路につきました。駅近くのお店でアイスをほおばる子どもたちもビールを飲むお父さん、お母さんもとってもいい笑顔でした。みなさんお疲れ様でした。また、行きましょう! 事業案内は mery@sono.ed.jp まで。

  

(恒例のさわがに探し、見つけた後逃がしてあげました)

カテゴリー: 卒園生 タグ:

キャンプ(初心者キャンプセミナー)の中止のお知らせ

2016 年 8 月 20 日 ishihara Comments off

 

楽しみにしていたキャンプですが、この天候なので相談のうえ中止とさせていただきます。

川の増水と台風の影響で今後さらに天候の悪化が予想されること、夕方からは落雷の危険も大きいこと、

キャンプ場までの道のりも通常と違う状態が考えられます。

小さい子どもたちの参加するキャンプなのでまずは安全第一など様々な点からの決定です。

いろいろ準備をして楽しみに待っていただけに残念ですが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

 

 園からはすでに緊急一斉メールで中止のお知らせしています。

登録がまだの方は、ぜひこの機会に登録をしていただきますようにお願い致します。

                         子どものその

カテゴリー: 父母の参加 タグ:

ゴム動力の船に親子で挑戦、プールで進水、やったね

2016 年 8 月 1 日 noto Comments off

保育生協の卒園生対象事業のひとつ「のとさんの工作教室」第5回は、7月31日、「ゴム動力で走る舟」でした。
1年生から6年生までの子ども27人と大人4人の31人が、意外に難しい工作に挑戦、悪戦苦闘する子もいましたが、2時間集中してとりくみ、全員が完成させました。
スクリューをつける小さな釘を打つのは至難の技でした。これはプラモデル作りでは体験できない昔風の木工の醍醐味。その苦労を乗り越えてこその達成感です。みんな最後まで頑張ってえらかった!

続きを読む…

カテゴリー: 卒園生 タグ:

第9回総代会行われる

2016 年 7 月 4 日 ishihara Comments off

 6月26日(日)に子どものそのホールにて、第9回総代会が開かれました。総代定数100名中98名(出席86名・委任状12名)の出席で開催され、熱心に聴いていただきました。椅子に座りきれない人や子供連れのお母さんたちは、後ろのござに座って聞いていただきました。ありがとうございました。
 第一号議案では、2歳児ひよこ組の実践を元担任の鶴田ひとみ先生が報告、事業報告では父母の活動と決算について石原理事長と山中専務理事が報告し、満場一致で承認されました。
 第二号議案では「みんなで創り上げた子どものそのを継続・発展させるために」ということで、ひよこ組の保育方針や保育生協の新たな事業展開について提案をし、こちらも満場一致で承認され無事終了しました。
 その後認定こども園から3歳から5歳児までの保育実践の報告をそれぞれ元担任たちが行い、認定こども園の総括を元理事長の能登理事が行いました。

カテゴリー: 未分類 タグ:

卒園生のみなさん、工作教室、7月は”走る舟”

2016 年 6 月 15 日 noto Comments off

 保育生協の卒園生向けの「能登さんの工作教室」第5回は、7月31日(日)午前10時から、ゴム動力とスクリューで<走る舟>を作ります。
 手に入ったスクリューに限りがあるので、先着40名で閉め切ります。
 申込みは必ずメールでお願いします。mery@sono.ed.jpです。電話、手紙などの申込みはお受けできません。
 参加費は500円です。当日いただきます。

カテゴリー: 卒園生 タグ:

雨降るなか、ひよこ組の入園のお祝い

2016 年 4 月 7 日 noto Comments off

4月7日、認定子どの園幼稚部と一緒に、ひよこ組の入園のお祝いが開かれました。
あいにく雨が降りしきり、ひよこ組の玄関先のサクラが見事に満開だというのに、園庭で全員の入園のお祝いはできませんでした。
でも、ひよこ組は13人全員が勢ぞろいして、手狭な保育室ながらお父さん、お母さんたちに囲まれて楽しく入園のお祝いができました。初めての朝の集まり、名前を呼ばれて恥ずかしくて顔を隠す子、「ハーイ」と手を挙げて返事をする子、みんな可愛いですね。先生といっしょにうたを歌ったり、絵本を読んでもらい、誰一人泣きもしないで記念撮影もできました。明日から元気に登園してね。

カテゴリー: 2歳児 タグ:

久しぶり、たちまち〝そのっ子〟6年生の集い

2016 年 3 月 29 日 noto Comments off

3月28日、6年生の集いが行われました。4クラス120名の卒園生のうち75人が参加者名簿に署名してくれましたが、書かないまま遊んで帰った子もかなりいたようです。みんなで園庭を使って、元クラス対抗で綱引き、紅白玉入れ、跳び箱、大繩早跳び競争などを楽しみました。勝っても負けてもニコニコ顔で、真剣に戦う様子はありません。およなになったなあ。
それから先生たちの心づくしの焼きそば、牛乳などの軽食に舌鼓を打ちました。
続きを読む…

カテゴリー: 卒園生 タグ:

ひこいち凧づくりに親子で格闘。難しかったけど完成したよ。

2016 年 3 月 28 日 noto Comments off

保育生協の事業委員会が卒園生を対象とした「のとさんの工作教室」は3月27日第3回を迎え、全長1メートルを超える大型凧「ひこいち凧」づくりに挑戦しました。
大きいだけでなく竹と糸を使った骨組みが結構難しく、手伝うお父さんやお母さんも悪戦苦闘していました。根気よく3時間かかって完成した時には親子でホッと一息。それだけに挑戦した子どもたちの達成感は大きなものがあったでしょう。
続きを読む…

カテゴリー: 卒園生, 父母の参加 タグ: